LINEで送る
[`yahoo` not found]



離乳食中期は別名モグモグ期ともいわれています。離乳食初期は楽しくご飯を飲み込めるというのが目標でしたが中期になると1日2回の食事をモグモグ噛んで食べるということを意識して食材を少しずつ固くしていきます。
離乳食の進み方は個人差がありますので固さや量などどのように与えればいいのか非常に悩みますよね。一般的な目安と私の実体験を織り交ぜて中期の進め方を書いていこうと思います。

離乳食中期とはいつごろ?

一般的には離乳食開始2カ月経ったころと言われています。ですがまだ上手に飲み込めていない。1回で食べる量が子ども茶碗半分以下。2回食を完食できなかったり嫌がってしまう。などこのような場合は無理に進めないほうが良いかもしれません。いつか食べる日が来るのでゆっくりゆったりとした気持ちで離乳食を進めていきましょうね。





離乳食中期に食べる量




1回目と2回目は同じ量のご飯を与えます。さらに食べられるものも増え献立を考えるのがたのしくなりますよ。新しい食材は小さじ1からは守りましょう。特に卵・牛乳・小麦粉はアレルギーが出やすいので初めてあげる場合は気を付けて様子を見てあげてください。旬の食材ではない場合はベビーフードを活用してみるのもいいですね。
一般的な1回の食事量
炭水化物50~80g
野菜・果物20~30g
肉・魚10~15g
豆腐30~40g
乳製品50~60g
ざっくり書きましたがあくまで目安なので参考程度に。野菜だと20gも食べないけど果物なら20gペロリと食べるなど好みもあると思いますので判断が難しいですよね。赤ちゃんは甘いものが好きらしいのでおいしいものならたくさん食べられるのだと思います。
1度食べてくれなくても野菜を出汁で煮たり、ほんの少し味付けをしてあげると食べてくれるかもしれません。うちの子は出汁で煮た野菜好きでしたが今では食べてくれないので懐かしいです。
離乳食中期の食材の固さ
目安は豆腐の固さです。ご飯は5倍粥にステップアップ。滑らかに全部すり潰さず粒を残すところから初めて野菜はみじん切り、魚は細かくほぐしてあげてみてください。最初は丸飲みしちゃってビックリするかもしれませんが、だんだん舌を上手に使って舌と上あごで食材をつぶせるようになりますよ。
私はこのみじん切りを丸飲みしちゃうのが1番悩みました。一緒に口をモグモグしてみせて動きを見て真似てもらえるよう楽しそうに必死に頑張った記憶があります。


食べさせ方


この頃の赤ちゃんはお座りが上手になってくると思います。椅子やバンボなどに座らせて赤ちゃんがモグモグしているか様子を見ながらご飯を食べさせてあげるのをおすすめします。目を合わせてアイコンタクトも大切ですし、ママがニコニコしていると赤ちゃんも嬉しくて食べるのが楽しいと思ってくれると思います。
どんどんあげるのではなく、赤ちゃんのペースでスプーンの先のほうに食材をのっけてあげると食べやすいと思います。スプーンも奥のほうまでいれないように気をつけてあげてください。
私は毎食事褒め称えながら楽しくご飯をあげていました。なるべく赤ちゃん言葉は使わずに「ご飯モグモグできたね!さすが○○ちゃん!」みたいな感じのノリノリで楽しい雰囲気を作っていました。赤ちゃんも褒められたらきっと嬉しいだろうし、声掛けも大切だと思ってとにかくたくさん話かけていました。そのおかげかは定かじゃないですが、2歳になる娘は基本的に食べるの大好きっこです(笑)

まとめ




離乳食は開始時期も進み方も個性がでます。この頃はまだ母乳とミルクからの栄養をとる割合のほうが高いです。離乳食食べなくても母乳やミルクを飲んでいるなら栄養面はそれほど気にしないでも大丈夫です。焦らずに少しずつです。昨日より今日は一口多く食べた!こんな感じでいいところ、頑張ったところを認めてあげておおらかな気持ちでお食事タイムを過ごしてください。できることが日に日に増えていく頃でもありますので成長を楽しみましょうね!