LINEで送る
[`yahoo` not found]



秋といえば美味しいものが沢山ありますよね。
夏が終わり食べ物が美味しく感じられる季節でもあります。
旬のもので言えばさつまいも、ごぼう、大根、人参、レンコン、かぼちゃ、キノコ類、
栗、柿などが代表的な食べ物でしょうか。
そして、甘いスイーツも種類が豊富になってきて楽しい季節です。
気持ちが安らぎ甘いスイーツっていいですよね。
でも、誰しもが…特に女性は食べ過ぎると太ってしまう…
これが頭をよぎり、あれもこれも食べたいけど食べれない…になりますよね。

私は甘いスイーツはほとんど食べなかったのですが、妊娠、子育てをきっかけに
甘いものが食べたくて食べたくて仕方がなくなりました。
そして、お決まりの食べ過ぎると太ってしまうが始まり、
ちょっとストレスになる…なんてことが度々あります。

でもふと、甥っ子が保育園でのおやつはきゅうりとか、
自宅でもおやつは、さつまいもや果物を食べているというのを思い出したのです。
これだ!!!!!
私も蒸したさつまいもをおやつにして実践してみました。
なんとか甘いもの食べたい病から抜け出せました。がっ、
さつまいもだけでは飽きるという事態に…
これも抜け出せないかと考えました。
野菜を使ったおやつってヘルシーであったらいいなと思いつき、
頭の中だけでグルグルふわふわ考えていたら、
なんと出来ちゃいました。笑

ではご紹介しましょう。
野菜ソムリエ(私の事です)が考えた旬の野菜を使ったスイーツレシピ!!
そして、私の好きなスイーツ屋さんを少しご紹介します。



サラダのような
さつまいものスイートポテト風




材料(2人分)


さつまいも
(柔らかくなるまで茹でるか蒸すかしたもの)  150g
コンデンスミルク              大さじ1と1/2
加塩バター                 8g


作り方


1 柔らかくなったさつまいもが熱いうちに加塩バターを加え混ぜます。
2 マッシャーで1をつぶしていきます。マッシャーがなければスプーンなどでも
つぶすことが出来ます。
3 2とコンデンスミルクを混ぜ合わせたら完成です。


めちゃめちゃ簡単です!!
そして、結構スイートポテトのような味になっていて、
しっかりスイーツです。
私が蒸したさつまいもをそのまま食べるのに飽きたときに、
最初に考えたものです。
食べていて満足感があるし腹もちがいいので量を食べ過ぎずすみます。
さつまいもは食物繊維が多い野菜なのでダイエット効果が期待できます。
罪悪感が感じられなくて食後のデザートや3時のおやつにオススメです。





癖になる
切り干し大根のきな粉ボール





材料(1人分)


切り干し大根         10g
アーモンド          6粒
水              大さじ1
砂糖             大さじ1
きな粉            10g


作り方


1 切り干し大根、アーモンドをみじん切りのような細かさにします。
  切り干し大根はキッチンバサミで、アーモンドは包丁でカットすると
  やりやすいです。
2 フライパンに水、砂糖を入れ弱火で沸騰させ、そこに1を入れます。
  ある程度水分がなくなり絡まるようになったら火を止めます。
3 2を小さじスプーンほどの大きさのものでお皿にすくいわけ、粗熱が取れたら
  あまり冷めないうちに 団子状に形を作っていきます。
4 3にきな粉をまぶしたら完成です。

ポイント


 ・水、砂糖をフライパンで温める時は焦げないように小さめの弱火で
  様子を見ながらやりましょう。

 ・団子状に形を整える時はきな粉を手につけながらやると、くっつかずに
  作りやすくなります。





余談

 
 季節がいい春、秋は干し野菜をよくやります。今回の切り干し大根は自家製です。
 自分で干すと楽しいし、材料費が安くすみますよ。
 切り干し大根の干し方はこちらの動画をご参考に。(内容は干しゴーヤですが…)
 こちらの動画のらっきょうを作るまでのものが参考になります。

  https://youtu.be/p1MIjNnX16M

このレシピは切り干し大根とアーモンドを使っているので、
歯ごたえがあるスイーツです。
よく噛むことにより満足感が得られダイエット効果が期待できます。
えっ?切り干し大根?と思った方もいると思いますが、味の邪魔をしてなく美味しいんです。
きな粉の他にココアや抹茶のパウダーでも楽しめますね。


えっ?これってごぼう?
ごぼう餡もち




材料(切り餅約4個分)


ごぼう      1本
砂糖        ごぼうを茹でる時の分量   大さじ1
         味を整える時の分量     大さじ4
水        300ml
きな粉      10g
塩        少々
白ごま      少々


作り方


1 ごぼうをみじん切りにし、砂糖(茹でる時の分量)と水を鍋に入れ
  柔らかくなるまで煮ていきます。

2 1と1で出た茹で汁を60mlミキサーに入れ、とろっとペースト状になるまで
  ミキサーにかけます。
3 2を鍋に戻して弱火にかけ、砂糖(味を整える時の分量)、きな粉、塩、白ごまを入れます。
4 水分がなくなるまで煮たら完成です。
5 餅はお好みで焼いたり、茹でたりしてご用意ください。
  これにごぼう餡をのせてお召し上がりください。

ポイント


 ・塩の分量は入れすぎに注意です。目安は少々の分量を計る計量スプーンの
  1/2より気持ち少なめです。隠し味程度です。
 ・白ごまは見た目として美味しそうに見せるために入れてます。
  入れなくても味は変わりません。
  
これは以前の記事でも書いた野菜のジャムの一つ、ごぼうを使ったジャムのレシピを
少し変えたものです。
これは私がオススメする自慢の味です。
黒糖のような味わいでごぼうの感じがほんのりします。
お餅との相性抜群です。他にはくずもち、団子などお餅に似た食べ物にはもちろん、
蒸しさつまいもに合わせて食べても美味しいです。
餃子や春巻きの皮で包んで焼いたり揚げたりしても、ちょっとしたスイーツになりますね。



私の好きなスイーツ屋さん




私の好きなスイーツ屋さん一つ目は

カワチ製菓さん

http://www.kawachiayaka.com/

山形の小さな工房で、おやつと食にまつわる金属の道具を作る作家さんです。
メインは金属作家の方なのですが、個性あふれる可愛いおやつも人気です。
山形の食材を使うことにこだわって作られています。
定番お菓子は自身作のおやつの文字の焼印を押した、優しい味のおやつチケット。
プレーン味の他に、その時にある食材を使った別の味も期間限定で販売されています。
彼女の作るお菓子はありそうでない、誰にでも作れそうで、でも彼女しか作れない、
心くすぐるお菓子です。
購入は個展での販売や何軒かある取扱店でになりますが…是非!!

私の好きなスイーツ屋さん、もう一つは…

ひとひとてさん

https://0ca3253016g0r0x.wixsite.com/hitohitote

東京立川にお店があります。残念ながら私はお店に行ったことがないのですが、
以前イベントで一緒になり、そこでクッキーを購入しました。
とてもシンプルな味で、子供の頃に読んだ絵本のように記憶に残る味です。
動物性の食材は使っていません。そして、彼女もまた地元の食材を使うことに
こだわっています。
見た目はとても華やかで、しかも、あれもこれも美味しそうで迷ってしまうんです。
ケーキやお菓子に並ぶ食材が美味しく見えて、センスいいんですよね。
ひとひとてさんのクッキーが1番好きですね。

まとめ


1 サラダのようなスイートポテト風
2 癖になる切り干し大根のきな粉ボール
3 これってごぼう?ごぼう餡もち
4 私の好きなスイーツ屋さん


自分でレシピを考えてるだけでもワクワクして、秋が楽しみになりました。
今回のレシピは秋に旬をむかえる野菜を使いました。野菜のスイーツなので
罪悪感が少なくてすみ、得した気分になりませんか?
だいたいの方が野菜不足になりがちです。私もそうです。
でもこんな風にスイーツで野菜が摂取できたらいいですよね。
健康を意識しながら甘いもので心がほっとできますね。
一緒に秋のスイーツ楽しみましょう。