LINEで送る
[`yahoo` not found]



春といえば?と聞かれたらなんと答えますか?春といえば桜と答えてくれるかたはたくさんいらっしゃると思います。では桜といえば?と聞かれたななんと答えますか?
桜といえば花見ではないでしょうか。職場の行事として、友人や家族とのイベントやデートとしてなどいろいろな状況が考えられますが、昼でも夜でも楽しめる桜の時期限定イベントのお花見を楽しむためには何が必要かリストアップしてみました。


絶対に必要な物

•レジャーシート
宴会会場となるシートは人数に応じたものを用意しましょう。持ち合わせでなんとかする場合はガムテープで張り合わせてつぎはぎしちゃいましょう。できれ冷えや痛みがでないように厚めのものがいいですね。

•ごみ袋
お花見を楽しんだ後はきちんと片づけをしましょう。分別が必要な地域にお住まいの場合は地域指定のごみ袋を用意して片づけの時に分別してしまいましょう。ごみ袋としてではなく汚れた物を入れたり、残った物を持ち帰るときにも使えますね。

•タオル
飲み物をこぼしてしまったり、シートを汚してしまったときにさっとふけるタオルがあるとなにかと便利ですよ。小さなお子さんがいる場合は何かと汚すことが多いので必需品ですね。

•ティッシュペーパー・ウェットティッシュ
手が汚れたり食べこぼしの際などなにかと必要なことが多いティッシュは必需品です。アルコール除菌ができるウェットティッシュなら近くに水場がない時や混雑のときにも手が洗えて重宝します。

必要なもの


•ガムテープ
シートは貼り付けたり、段ボールを組み立てたりあると便利です。外なので意外とごみ袋に穴があいてしまったなんてこともありますので持っていて損はないと思います。

•食べ物・飲み物
お花見には欠かせないものですね!飲み物などは重たいので近場で買いたい所ですが、みんな考えることは同じと思ってあらかじめ用意しておいた方が確実です。食べ物は食べやすいようにおにぎりには1つずつラップでくるんだり、片手で簡単に食べられるものが好まれます。

•紙皿・割りばし・紙コップ
特に仕事関係でお花見をするときはきちんと用意しておきましょう。多めに用意しておくとよいかもしれません。お皿や紙コップに名前を書けるようにペンも一緒においておきましょう。

•段ボール
座り心地が悪い時、冷たい時、食べ物・飲み物が余って持ち帰る時など箱としても敷物としても使えて便利です。場所取りの際に看板として使う方もいるそうです。

•トイレットペーパー
トイレに備え付けの紙がないなんてこともありえますので、1つあるとみんなで使えていいですね。ティッシュの変わりとしても使えますよね。

•防寒具
特に夜のお花見の場合は想像していたよりも寒かったりします。ブランケットやフリースなど防寒用に1枚もっていると安心です。携帯カイロでもよいかもしれません。





あれば便利なもの


•折り畳み式の机・椅子
•クッション
•クーラーボックス
•懐中電灯
•水筒(温かい飲み物用)
•懐中電灯(夜のお花見)


•トランプやウノなど大勢で遊べるゲーム
これらのものは人数や相手によっているものが変わってきます。徒歩の場合は帰りの事を考えるとなるべく荷物はコンパクトにしていきたいですよね!

番外編~子どもがいる場合のお花見~




子どもがいる場合は基本花より団子でじっとはしていられません。特に小さなお子さんの場合はさらに準備が必要です。一緒にお花見を楽しみたいのものすごくよくわかりますが、お子さんのペースに合わせたお花見を楽しみましょう。
おむつや着替えなどのいつものお出かけセットにプラスして小さなお子様がいる場合、ベビーカー持参が絶対におすすめです。歩きたがらなかったり寝てしまったりしてもベビーカーがあれば安心です。
着替えも少し多めに用意しておきましょう。お花見時期の天候はまだ安定していないので、熱くなるかもしれませんし、寒くなるかもしれませんので対処できないなんてことになったら大変です。まだお話できない小さな子の場合は特に親が気にしてあげなければなりませんよね。

他にはストロー付きのマグがあると飲み物をこぼす心配がなく安心です。急に暑くなった時など熱中症対策のためにも子どもの水分補給はこまめにするように気を付けましょう。うちの子は乾杯が大好き(笑)なので乾杯をして大人のマネをしてふりあげてもストローマグならこぼれないから安心してみていられます。
子どもの場合はお花を楽しみながらというよりもご飯を食べるのが楽しみという場合がほとんどですよね(笑)おもちゃや絵本などお気に入りの遊び道具を持っていってその場で楽しむことによりお花見は楽しいことと感じてもらいましょう。いつもと違う場所なので遊びの延長感覚でお片付けやお手伝いをしてくれるかもしれません(私の願望です)
季節の行事を楽しむ大切さを伝えていきたいですよね。自分の子が大人になった時に同じように行事を楽しんでほしいなと思っています。



まとめ

最近ではお花見=宴会ではなくピクニックや散歩で楽しまれるかたが多いようです。
お花見で人気の飲み物はビールですが近年ではワインも人気が高いようです。女子会でお洒落なお花見など今年も新たなお花見スタイルが出てくることと思います。
時代によってお花見のスタイルも変わっていくのでしょうがマナーをしっかりと守って楽しい時間を過ごしましょう。桜の開花が待ち遠しいですね。