LINEで送る
[`yahoo` not found]



元お花屋さんのお花大好き主婦です。
お花屋さんで働いている=お花に詳しい
仕事だから当然詳しくなりますし、カワイイお花たちの事をたくさん知ってもらうためにそれぞれのお花について育て方など勉強します。

が!!
それはお花屋さんで仕入れてきた切花や鉢植えのお花のことであって野草・雑草は知らない花もちらほら。
「道端に咲いているあのお花はなんていうの?」
という問いに答えられたり答えられなかったり・・・
せめて見ただけで全ての花の名前がわかるようになりたいと思いまずは春に花咲く小さな空色の野草。
<オオイヌノフグリ>
について調べてみました。
なんとなくみたことあるかも?という方も多いのでは?


オオイヌノフグリとはどんな花?


開花時期   2~5月
開花期間   1日(2日めも咲く場合がある)
花の色    コバルトブルー、紫に近かったりまれに白い花が咲くこともある。
背丈     10cm前後 根本付近から横に広がる。
実      花の後にハート型の実ができ、熟すると種が出る。
宿根草    地上部が枯れて地下に残った根が翌年再び花を咲かせることができる。
生息地    道端、田んぼのあぜ道など。

花が真上に咲くからハチやチョウなどを誘いやすく、自家受粉を行うため確実に受粉ができる
つまりオオイヌノフグリ繁殖能力が高い!
しかし花びらは散りやすい。
この辺りが観賞用として出回らない理由なのかな?
かわいい花だから長持ちしてくれればいいのにー。


オオイヌノフグリにはすてきな別名がある


瑠璃唐草(るりからくさ)
天人唐草(てんにんからくさ)
星の瞳(ほしのひとみ)

別名にしておくのがもったいないくらい3つともステキな名前ですね!瑠璃はオオイヌノフグリの色味のことで星の瞳は見た目かな?もしも鉢植えとして売ることになったら「星の瞳」で売りだすと思う。
オオイヌノフグリは・・・名前の由来がすてきではないのでね(ググるとすぐでてくる)いっそ改名してしまえば?とひそかに本気に思っております 笑 偉い人お願いします。

オオイヌノフグリの花言葉


忠実、信頼、清らか、神聖
繁殖力の高い野草のイメージとはかけ離れたイメージの言葉ばかりで不思議に思い調べてみると
オオイヌノフグリの属名[ベロニカ]に由来するものらしく、
キリストが十字架を背負って処刑場向かうときに顔の汗をハンカチで拭いてあげた女性の名前が「ベロニカ」だった。そのハンカチにキリストの顔が浮かびあがったとの事です。
キリストの血が落ちた所に咲いていた。花にキリストの顔が浮かびあがってみえる。などの理由から花言葉にゆらいしたのかもしれませんね。
なおのこと「星の瞳」に改名したほうがいいような気がする 笑



オオイヌノフグリとネモフィラ




オオイヌノフグリ市場にないので欲しいと思ったら自分で探すとことからはじめなければならないのですが、オオイヌノフグリと見た目がそっくりな花が市場には出回っています。

それが「ネモフィラ」というお花です。
ネモフィラは早春から市場に出回りお花の大きさはオオイヌノフグリより大きいですが、色や背丈も非常によく似ています。外来種なので野草として生えていることはまずないと思います。
そしてなんとなんと!
和名が[瑠璃唐草]なのです。
オオイヌノフグリを育ててみたいと思っていたらまず、ネモフィラを育ててみてはいかがでしょうか?時期になれば出回るので入手しやすく育てやすいお花ですよ。

まとめ


オオイヌノフグリは市場に出回ってはいない
オオイヌノフグリは繁殖力が高いのに花持ちが悪い
オオイヌノフグリは別名のほうがすてき
オオイヌノフグリと花言葉がミスマッチ
オオイヌノフグリを購入しようとネット検索するとネモフィラがでてくる


春が近づきはじめたらオオイヌノフグリを探してみてください。
なにげなく普段通っている道も意識して歩くと新たな発見があるかもしれません!
1日しか花が咲かないと思うとその時その時を大切にしなければならないと教えてくれているような気がします。
コバルトブルーの花咲く春が来るのが今から楽しみですね!!