LINEで送る
[`yahoo` not found]



春は退職される方、卒業される方、合格祝いに入園入学祝いなどお花をもらう機会が非常に多くなる時期です。お花屋さんは大忙しで毎日たくさんの花束やアレンジメントを作っていることと思います。すてきなお花を手にしたときに少しでも長持ちさせたいと思いますよね?そんな時はドライフラワーにして長くお花を楽しんでみてはいかがでしょうか?
私がおすすめするドライフラワーの作り方で生花とは違う楽しみかたをしてみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーの作り方

•そのまま干す

•重しをのせて押し花にする

•シリカゲルを使って乾燥させる(1番のおすすめ)

そのまま干す方法




ドライフラワーにしたいお花の葉っぱを少し落として茎切り口から3cm位のところで輪ゴムでしばりさかさまにして輪ゴムをひっかけてつるす方法です。直射日光を避けた場所で日当たりがいい場所に置いておくと1週間で水分がぬけるかと思います。
この方法は水分の多い球根系のお花には不向きです。また生花の時とは違い色あせてしまうのも難点です。
干す方法で私がおすすめするお花はラベンダーです。少量ずつの束にして干すだけで見た目も美しくて香りも楽しめるハンギングができちゃいます。ラベンダーの香りが好きな方には特におすすめです。花穂をばらしてサッシェにしたり器にいれたり楽しみ方自由自在です。


おもしをのせて押し花を作る




分厚い辞書や電話帳に挟んで1週間おくだけの単純な方法です。ページを開いてティッシュをひいてお花を置いてまたティッシュを重ねて本を汚さないようにしてください。お花は重ねずに平たいものを選ぶのがコツです。この方法も水分が多いお花はむかないです。
私のおすすめは子どもと一緒に花を探すことから楽しむことです。クローバーや桜、コスモスなど身近なお花を摘んできて押し花にしてみましょう。押し花にした後にしおりを作ったりレジンでアクセサリーを作ったり子どもと遊びながら楽しめますね!

シリカゲルを使って乾燥させる方法




シリカゲルとはお菓子やおせんべいなどに入っている乾燥材や除湿剤のことです。シリカゲルは透明や青色の粒状で吸水するとピンク色に変わり、天日干しやレンジなどの熱処理によって水分を飛ばせば再利用可能です。
ドライフラワー用のシリカゲルはホームセンターなどに売っていますので探してみてください。



私が一番のおすすめ方法はこのシリカゲルを使った方法です。この方法ですと厚みのある花でも水分が多めの花でも色、形ともにそのままキレイなドライフラワーができます。
ドライフラワー用のシリカゲルを用意して密閉容器1/3~半分くらい入れてお花を置きます。花がぶつからないように間をあけておいてシリカゲルをそっと花が見えなくなるまでかけます。バラなど花びらが重なってたくさんあるお花は花を上にして花びらと花びらの間にもきちんとシリカゲルが入るように気を付けましょう。あとは密閉して2.3日、水分が多いお花は1週間くらいで取り出しましょう。きれいなドライフラワーの完成です。
生花のようなきれいな姿形で保存できるのでおすすめです。欠点をいうとすると新鮮な花で作らないときれいに加工できないので頂きものの花束やアレンジメントで作ろうと思うともらってすぐにくずさなければいけないのがもったいないと感じるかもしれません。
私はメイソンジャーが流行ったときにこの方法でつくったドライフラワーを入れて飾っていました。少しシリカゲルを下にしいてからドライフラワーを入れていったのですが、シリカゲルをそのまま入れるのではなく何か入れ物も工夫して見た目可愛く作ればよかったなと後悔しました。
下記の動画を参考にドライフラワー作りに挑戦してみてください。


まとめ

ドライフラワーといっても作り方はさまざまです。お花をどうしたいかによって加工方法を決めるとよいです。生花とはまたちがう魅力をもったドライフラワーは加工さえしてしまえば水やりなどお世話の手間がかからないのが魅力です。日常にお花があるとふとした瞬間にいやされたりします。お花がある暮らしをめざしてみてはいかがでしょうか。