LINEで送る
[`yahoo` not found]




ポプリを作るのは難しくて大変そうだと思いませんか?ポプリは自分の好きなものだけで作ることができるので世界に一つのオリジナル品が簡単に出来上がります。ポプリには「ドライポプリ」「モイストポプリ」の2種類ありますがどちらも楽しく簡単に作ることができますので試してみてください。



ドライポプリの作り方




市販のドライフラワーから作る場合


お好みの器にお好みのドライフラワーを購入して好きなアロマオイルを2.3滴たらすだけ!
とっても簡単ですね。この方法は簡単なのでオイルをブレンドしてみたり、素焼きの器に飾ってみたりと少しの工夫で凝ったものにみえるのでおすすめですよ。
ドライフラワーのリースなんておしゃれですね




ドライフラワーから手作りする場合


ドライフラワーの作りかたはさまざまありますのでご自分の都合に合った方法できちんと水分がなくなったドライフラワーを作ってください。
花を逆さに吊るして自然乾燥する方法は1週間前後で完成すると思います。時間をかけずにすぐに作りたい場合はレンジを使ってドライフラワーにする方法がおすすめです。

またドライフラワーの作り方は別途で紹介しています。

お気に入りのお花で簡単に!ドライフラワーにして生花を長く楽しもう


1 密閉容器(密閉できれば袋でも可)にドライフラワーとアロマオイル1~5滴をいれて花が崩れないようやさしく混ぜ合わせる。

2 密閉容器を冷暗所で3週間から1ヶ月熟成。ただただ放置です。

3 熟成したらお好みの器に飾って完成!


こちらもドライフラワーを作る手間だけで簡単にポプリが作れます。この方法の注意点はドライフラワーにする花の水分か必ずなくなってからポプリを作るということです。水分が残っているとカビの原因になりますので必ず注意してください。
私の実体験ではドライオレンジを作ろうと思って時短のためにオーブンで水分を飛ばそうと思ったのですが、最初は少しの時間で様子を見ながらかけていたのですが途中でめんどくさくなってオーブンにかけて放置したら見事に黒焦げになってしまいした(笑)
結局時間もお金も無駄になってしまったのでそれ以来時間はかかりますが果物だけではなくお花も自然乾燥かシリカゲルという乾燥剤を使って水分をとばしています。
器も蓋付きのものに入れて香りを嗅ぎたい時に蓋をあけたり、穴あきの器で芳香剤のように使ったりするのもいいかもしれませんね。


モイストポプリの作り方




モイストポプリはお花の塩づけなのでドライポプリと違って生乾きの花材で作れるのが魅力です。香りの強いお花で香りを閉じ込めることができ作り方も簡単です。


1 使いたい花の花びらをばらしたり虫やごみがついていたら取り除いたり使用する材料をきれいに整えておく

2 花の水分を軽くとばすために数時間乾かす。(香りをいかしたい花の場合は1時間以上放置すると香りがとんでしまうので気を付けること)

3 香りの持ちをよくする保留剤の役割のシナモンやグローブといったハーブを細かく砕き使用する粗塩を半分にしておき一方のほうに混ぜる(保留剤はなくても可)

4 粗塩に好みのオイルをたらして混ぜ合わせておく

5 ガラスの蓋付き密閉容器に粗塩→花材→保留剤入り粗塩→花材→というように塩と花の層にしてビンにつめていく。

6 冷暗所に1ヶ月放置後完成


モイストポプリは挑戦したことがないのですが思ったより簡単でジャスミンクチナシの花の香りが好きな私にとって香りを閉じ込めておけるモイストポプリを作りたいなと思いました。実体験ではないのですが金属のふたはサビてしまうので注意が必要です。また時間が経つと変色してしまうのでバスソルトにしたり、全体をかき混ぜて塩と花の層を楽しむのではなく香りの変化を楽しんだりと楽しみかたがたくさんありそうです。

キンモクセイの季節にキンモクセイモイストポプリ



まとめ

ポプリの作り方は本当に簡単で驚きです!熟成に時間がかかるので小分けにいろんな花材と香りの組み合わせで作って自分のお気に入りの組み合わせを見つけ出したいと思います。作り方は簡単なので子どもの自由研究の題材にしてもいいですし、友人同士で花材やアロマオイルを持ち寄ってワイワイ楽しみながら作るのもいいですね。