LINEで送る
[`yahoo` not found]



鉢植えのお花を購入したり、プレゼントなどでもらったりした鉢植えはどうしていますか?花が咲いている間はそのままで飾っておいて、その後庭に植えたり植え替えたりする方もいらっしゃると思いますが、鉢のまま飾っておくという方もいると思います。私も鉢植えはそのままにしておく派です。そんな鉢植えをかわいくインテリアとして飾って置くために、植え替えというめんどくさいことはせずに鉢をリメイクする方法を考えてみました。ただし根っこがぎっしりつまっている場合などは植え替えをしましょうね。


鉢を覆う




鉢植えのプレゼントはラッピングされている場合もあり、全体をくるんである場合は取らなければなりませんが、鉢にラッピングがほどこされている場合は水やりまではそのままにしておいて大丈夫です。自分で行う場合は布や和紙などで鉢をくるんでしまう方法は手軽にできますね!お水やりのことを考えて鉢底は空いていたほうが水やりは楽です。あまり水を必要としない多肉植物などは鉢をすっぽりくるんでしまって水やりのときに出してあげてもよいかもしれません。私は編み物や縫い物が好きなので毛糸で袋状のものを編んだり、幼稚園バッグで使って余ったキルトでミニバッグを作ってその中に鉢植えをいれて飾っています。和紙は水に強いですが厚みがあるものを使うといいですよ。花屋さんに鉢を持っていきお好みの素材でラッピングしてもらうのもよいかもしれません。
布は汚れたら洗濯できますし、和紙は汚れたら捨てればいいので楽ですね(笑)マスキングテープでデコレーションした鉢は飽きたらちがう柄のテープでデコレーションして楽しんでいます。カゴにポンと鉢を入れたり、木箱の中に鉢をいれてもシンプルですがお洒落にみえて手入れも楽ちんで人気がありますよ。







鉢にデコレーションをする




今の鉢になにかプラスしたいならマスキングテープやシールなどでデコレーションしてみてはいかがでしょうか?私はラインストーンでイニシャルになるように貼り付けました。出来上がりは満足しているのですが、花が入っている状態での作業でしたので作りにくかったです。花を傷つけてしまっては元も子もないですもんね(笑)そこでおすすめなのが一回り以上大きな鉢を用意しそこに自分の好きなデコレーションをして鉢植えをそこに入れて飾る方法です。鉢底に穴が開いていなくても鉢植えを取り出して水やりをすればいいので植え替えるより簡単です。

素焼きの鉢や陶器などお好みのものを用意して、イラストを描くのが得意であればペンキなどで絵を描いたり好みの色を塗ったり楽しいですよ!女性なら余ってしまったマニキュアはありませんか?マニキュアでペイントをすれば楽しくマニキュアの消費もできますし、一石二鳥!!絵が描けない私が挑戦してみたいのはデコパージュ
デコパージュは鉢を用意して、お好きな柄のペーパーなどを必要なぶんだけ切り取り、専用の糊を鉢に塗り、ペーパーを貼り付けて上からまた糊を塗ってコーティングするだけらしいので挑戦してみたいなと思っています。水に強くするためには糊を塗って乾かす作業を2、3回繰り返せばよいみたいです。主婦の間ではやっていたので100均からも道具がたくさん販売されています。手軽に挑戦できそうなのでチャレンジしてみます!



その他に100均に売っている小さなタイルやビーズにパール、リボンや造花など自分の好きなものを用意して、グル-ガン(スティック状の樹脂を熱でとかして接着するもの)でペタペタくっつけていくだけでも世界に一つのオリジナル鉢植えの出来上がりですね!
グル-ガンがでてくる所は熱いので注意が必要ですが子どもでも出来るので一緒にペッタンできて楽しいと思います。



まとめ




鉢植えの鉢を自分でリメイクすることによってさらにお花の愛着がわくと思います。自分の大切な花を自分の好きなデザインの鉢で育てることによってさらにお世話が楽しくなり、お部屋も明るくいきいきとした空気がながれること間違いなしですよ。