LINEで送る
[`yahoo` not found]




手のひらや足の裏などに赤い湿疹ができる症状見た事はありませんか? 手足口病と言う疾患です。
手のひらや足の裏、口の中に小さな水疱の発疹が現れるのが特徴です。水疱の発疹は、白っぽい水ぶくれ のような発疹が現れると言います。
実は最近、この症状が大人に出ると言われています。大人の場合は、子供違いどんな症状になるのでしょうか。ご紹介しもし今ご紹介している内容の症状があれば医師の診察を受診してください。



《最初に出る症状!》


子供が、「おかあさん! 口の中が痛い???」と言いだせば普通は風邪と思いますが手足口病も初期の症状として口の中の痛みが出ると言います。大人も同じで寒気やのどの痛みなど軽い風邪にた症状がみられます。たぶん、あ~!風邪かと思われますが高熱が発症する可能性があります。大人の発熱は40℃ぐらいの高熱がでるとも言われます。熱が下がり落ち着く頃! 口の中や手足に発疹が発症するといいます。また、頭痛や倦怠感、関節の痛み、全身の筋肉痛のような症状があるといいます。

子供の症状では、口の中に白っぽいぼつぼつが出て、外見的に判別できるとも言われます。口の中にできる水疱は、直径が2~3センチとなります。個人差はありますが。大人の場合は、口内炎が多く発症しのどの奥や舌の付け根にも発疹ができるといいます。発疹は痛みを伴い、咀嚼(歯で噛み砕く)した固形物でも唾液を呑み込んだだけでも痛みがでて困難になります。水分すらも飲む事が困難になるため脱水症状を起こす可能性があります。口の中が痛くて無理と言われるかもしれませんが例えば、氷を口の中に含み溶かしながら水分の摂取方法もあります。氷は、冷たいためわずかな鎮痛症状を起こし緩和してくれます。試してみてください。あれもこれも嫌だなんて言わずに! 水分を取らなければ脱水症状を起こしてしまうかもしれません。あまりにもひどい場合は、点滴治療が必要となります。



《エンテロウイルス感染症、コクサッキーウイルスなど》



毎年引き起こされる感染症。夏期に多く発症し夏風邪の病原体ともいわれます。夏と書きましたが夏だけ流行するのではなく年間を通して春から冬にかけて感染する傾向になるそうです。
毎年流行する代表的なウイルスは、急性上気道炎、胃腸炎、ヘルパンギーナ、手足口病、ウイルス性発疹症、無菌性髄膜炎、急性脳脊髄炎、急性灰白髄炎(ポリオ)、心筋炎、出血性結膜炎などです。

《どのような感染で発症するのでしょうか?》


一番の感染は、糞口感染、飛沫感染、接触感染と言われています。
周りの方で、赤い湿疹などが出来ている方がいれば念のため気おつけるようにしてください。
手洗いやうがい、くしゃみや咳がでるならマスクを着けられるようにしてください。手洗いなどで同じタオルを使われる場合は避けるようにしご自身だけのタオルやハンカチを使用してください。


《ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱の違い!》




自分の体に知らない赤い発疹ができていたら?あなたはどう思いますか。その場で手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱に感染したなんて考えませんよね。実は、この3つの病気は子供だけでなく大人も感染します。
手足口病、ヘルパンギーナは、コクサッキ―ウイルス、エンテロウイルスから発症すると言われ、プール熱は、アデノウイルスから発症すると言います。

プール熱とは、正式名所が咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。
喉の粘膜や目からのめやにを綿棒でこすりとって検査をします。アデノウイルスと分かれば抗生剤が効かないためそのまま自然治癒することになります。
症状として高熱が出る事がありますので脱水症状がでますので、水分の摂取は小まめに取りましょう。

手足口病とヘルパンギーナは、口内炎や発熱などの症状がでます。特にヘルパンギーナの症状が重く出現します。ヘルパンギーナは夏場に発症する夏風邪の一種です。子供や大人にも感染するので、家庭などでお子さんが発症し両親に感染するケースが多いいと言います。主に発熱が両方の病気にあります。
38℃の高熱や喉などの痛みがでることがあります。
ヘルパンギーナには発熱と同時に2ミリぐらいの発疹がでるといいます。発疹がある時はかゆみがでますが、発疹が破裂すると痛みがでてくるといいます。

困ったことに、ヘルパンギーナと手足口病は併発します!
可能性からしてみれば両方とも流行していれば考えられると言います。

《手足口病に感染したら!》


手足口病と診断されたらまず、会社は休みましょう。理由として手足口病は、感染する恐れがあります。会社中全体に感染蔓延する可能性がありますから医師との相談で有給休暇を取られてください。期間として人により様々ですが、7日から10日までは休まれるといいかもしれません。
全ての菌が抜け去ると医師が判断するには、1ケ月かかるといいます。菌が体内から出ていくには排泄物と一緒にでるといいます。

口の中の痛みがありうまく食べられない可能性があります。痛いからと食べない飲まないでは脱水になる可能性があります。食事を軟らくして食べていただきたいのですが食べる事が無理なら水分が多い食べ物やゼリー状の食べ物や水分は、ポカリスエットやアクエリヤス、OS1などが良いと言われます。



あまり冷たい物は避けるべきです。水分は常温で取られる事をお薦めします。常温は胃腸に負担がかかりません。冷たい物は、飲んだ時はいいのですが飲みすぎると胃腸に負担となり下痢となる可能性があります。
もちろん食事は、軟らかい物がいいですが温かい物を食べられると胃腸にもいいですし体も温まり便通もよくなります。
もしどうしても薬などで便通が悪くなる可能性がある場合は、医師から整腸剤が処方されます。市販されている整腸剤でもかまいません。腸の動きをよくしてください。
はっきり言って動いてはだめです。同居の家族の方に感染する可能性があります。

《予防するには、どうするべきか?》


手足口病は、薬やワクチンがないといいます。???それならどうやって治療を? 自然治癒といわれます。治った後も菌が残る可能性があり再び発症するケースがあります。また、菌が体内に残っても発症しないケースがあります。

手足口病の方が近くにいるのなら感染する確率が高いといいます。
なぜなら、飛沫感染での感染や接触感染など様々な方法で菌は感染します。
菌は、目には見えません。発病者がマスクをしないで咳やくしゃみをした場合は、正直壁やテーブルにまでも菌が飛び散ります。
感染者が近くにいらっしゃるなら手洗いはこまめに行いましょう。手は、必ずと言っていいほど菌が付着しており何度も無意識に口に手をやる事が多いです。石鹸と流水での手洗いは欠かせない方法でアルコールがあるじゃないかと思われますがエンデロウイルスはアルコールに強いのでアルコールでの消毒は不可能です。

感染を防ぐ方法の一番は、手足口病の発症者の方の近くに行かないことが一番ですが、赤の他人ならそうかもしれませんが肉親となればそうはいきませんよね。必ず、手袋やマスクなどの防御を心がけてください。

《重症化も考えられます》


手足口病にかかった子供も大人も簡単には、治りますがエンテロウイルスの手足口病の場合は急性脳炎や急性髄膜炎といった重い病気を発症する可能性があります。エンテロウイルスは、中枢神経に侵入し悪影響を及ぼすと言われ乳児なら死亡する事もあると言います。
大人だから大丈夫は、厳禁で感染したら治療されてください。

《歯磨きはどうするか?》


食事や水分補給は解決できますが、歯磨きはどうするべきか?
口の中をみがくわけですから口内炎に触れ激震の痛みがでますよね!
痛いから歯磨きしないでは、困ります。逆に、口腔内の疾患や肺炎などの内臓に悪影響を及ぼすなどの可能性があるからです。
それならこんな方法は、いかがですか!?
重層でのうがい
ガーゼでのふきとり
毛のハブラシではなくスポンジでのハブラシ

よく薬品などでの口腔内清掃法がありますが、成分などによりしみて激痛が長い時間(感覚)起こりますので避けて下さい。

《まとめ》





子供の病気は、大人には感染発症しないと思われていますが感染する病気もあります。
よく考えてみれば感染する菌であると言うことです。流行時期がインフルエンザなどのように流行時期がありますから普段から予防を心がけるようにされると感染は極力防げると言います。一番は近ずかないことですがそんなわけいきません。予防を考えて生活されてください。