LINEで送る
[`yahoo` not found]



最近、高齢者の事故のニュースが目立ちますよね。なぜ、事故を起こすのでしょうか?
多分、皆さんは、高齢者=(イコール)認知症と思いつきませんか?
はっきり言えば、この考えは差別に当たります。人間だれしも高齢になります。歳をとると言う事はどう言う事でしょうか? なぜ、認知症と言われ、物忘れが多くなるのでしょうか?
もし、近くに高齢者の方がいれば、この記事を読んでいただき考えてみませんか?

もし、近くに高齢者の方がいれば、この記事を読んでいただき考えてみませんか?

高齢者とは !



高齢者とは、人間が歳を重ねれば高齢者となる ! 高齢になると言うのは、機会に例えれば動きが鈍くなり、いつもなら数ミリの動きが鮮やかにできるが、機械の歳が進むと動きが鈍くなる。人間も同じである。関節などや力が弱くなり今まで出来た事が出来なくなると言うことです。また、記憶力も悪くテレビのタレントが覚えられなくなったり、家族や友人や買い物などに行き相手との会話で、「アレ ! ない ? 」とか、「それそれ」などと言う指す言葉で、欲しい物の名前が出てこない。もしかして、認知症 ?
「かあさん、メガネ知らないかい?」と自分の頭にあるメガネの存在を忘れたりと記憶が衰えます。もしかして、おれは認知症じゃないかと不安になりますよね。
高齢者の記憶には現在の自分は、わかりません。何歳ですか ? と聞かれれば20歳です! 30歳です! と答えたいぐらいだと思います。

差別ですよ ! その考え方


あ~! やっぱり、老人か・・・・! 認知症科? おかしな行動しているぞ ! 臭いと思ったら、遅いからと思ったら、じじい(ばばあ)か ! よくこんな声が聞こえますよね ! こんなことを考える前にスムーズにするためには手を差し伸べたりしないのですか ? 仮にお金の支払いなら確かに私達は高齢者が持っている財布には手を出せません。よく、スーパーなどではレジの店員の前で財布の中から小銭をすべて店員の前にだして、え~と ! いくらだっけ ? と言い、店員はOOOです。と言うが、1分も経たないうちにいくらでしたっけ ! と小銭が感情できないことが見受けられます。いつも、顔を合わせている同士なら店員がきおきかせてここからOOO頂きますね ! と相手の了承を得て金銭の受理をする。
だけど、このような状態がいつもあるならスムーズであるが無い場合は、永遠に高齢者はその場に立ち尽くし、後方の方々は前に進む事はできないのです。

さて、どうすればいいのか ?

高齢者だから認知症という考えは、捨ててください。高齢者になるとまず、視力が衰えますね。10円、50円、100円、500円。OOOですと言われても見えないものだから小銭に集中します。若い方とは違いますから一つに集中すると金額は忘れます。店員も仕事ですから易しくは言いますが、限界はありますよね。高齢者のお金や財布に声掛けもなく触れば高齢者は、ドロボーと思います。強い良い方をすれば、後でこの人達に何を言われるかわからないと店員は目の前の高齢者を非難します。
小銭を認知すればいいのですが、相手の財布に目を向けて見て下さい。小銭があふれていませんか ? その方は、1万円札をだしませんか ? 認知症の始まりかもしれません。
仕草がおかしければ、高齢者に声掛けをして金銭の受理をしてください。介護師も無理やりはけしてやりません。相手が納得してから行動に移します。


認知症が独り歩き


よくテレビで芸能人が両親の認知症なので一人で介護をするために仕事をやめ介護地獄に陥り介護うつになったと作られた話題がありました。最近、ニュースでも認知症という病名が一人歩きしていると思われます。
今回この記事では、なるべく認知症と専門医師が判断するあたり初期の症状が皆さんにお分かりになれば良いと思います。間違った判断が、介護の楽しさ人間としての差別、人間として認めない、認められない悪意的な考えが及ばないようにしていただきたいと思います。
私は、テレビと反対のことをお伝えしたいのです。一人では、介護はできません。家族が壊れていく姿をみてきましたから言えるのです。どうか、行政ではなく社会福祉協議会などに問い合わせると良い答えが見つかるかもしれません。



認知症の種類、認知症となる経過


認知症は、記憶の障害です。重度の方になると現代の環境状況がわからなくなりご自身が10歳でご両親とどこかにお出かけになっているのか ? おとうさん、おかあさんとご両親を呼んでと80歳になられている高齢者の方も施設で住んでいらっしゃいます。
ご自宅で、ご家族と生活は無理です。行政や福祉協議会に相談する情報が得られている方は行動力がありすぐに処理はできますね。
中には、何をすればいいのか分からずにいる方やわからないから、勝手に周りの偏屈な意見を重視し無理をして体調を壊してしまう方もいます。
まず、自分に不利になる情報を捨ててください。その情報が、間違ったことになりかねます。

実は、認知症という病気は今の世の中、ひとり歩きをしています。

アルツハイマー型認知症
脳血管性認知症
レビー小体型認知症

薬物による認知症と今回ご紹介するには、分厚い辞書なみのページが必要となりますのでこの3大認知症といわれる認知症だけにします。関わりが無い方からしてみれば認知症の病名を並べただけで、認知症はすべて一緒と考えられることは、明白ですね。

この3つの共通していることは、記憶の障害が起こる事と脳の病気です。
アルツハイマー型認知症は、脳が萎縮していき進行速度がゆっくりです。簡単な覚える事ができないため手助けが必要となります。中年期の方からすれば、何をばかなことを言っているんだい ! と思われますが、本人からしてみれば不安なのです。だって、覚えられないからです。今で言う、お笑いですよ !

事故や怪我、脳の病気から起こる認知症である脳血管性認知症。アルツハイマー型認知症と同じでゆっくりと進行していきます。

次にですが、レビー小体型認知症はパーキンソン病と連携している病気です。
正直言って薬による緩和は見込まれません。症状は緩やかに進みますが夜になると動き出す事が多いいです。パーキンソン病が、将来的に発症するこの認知症は最近見つかった新しい認知症状です。
パーキンソン病は、神経の病気で段階的に身体の自由が奪われ食べることもできなくなる病気です。


高齢になれば記憶が健忘になる。認知症の始まりかもしれません !


人間の脳は、時間と共に縮小していくと言われています。脳が萎縮すると言う事は記憶が鈍く、なんだっけ?とその日に最低でも思い出せればセーフだがいつになるかもしれない長い思い出すことになるとわ・・・・?これは、認知症の始まりに当たるかもしれません。
こんな事をやっていると家族から煙たがれてしまう。一応は、病院へ行き物忘れ外来にかかり先生???私は認知症ですかと聞く方々多いいです。
実は、高齢で物忘れがある方は、認知症の初期の症状と言われています。
やっぱり!!と思われる方は何やらかありますか ?

認知症には、段階があります。よくガンなどにステージ 4とか聞いた事ありますよね。
認知症も同じく症状を現した段階にあります。
  日常生活自立度といいます。主に、認知症状のあるかたの症状を現したものです。
ただ、あまり使われておりません。精神科医なども家族からの日常生活の情報を聞き診察の材料としています。

話は戻りますが、高齢になれば記憶力が低下します。よく「おかあさん(おとうさん)聞いたわよ、その話・・・」と家族の怒った会話を聞きませんか ? 普通は、年寄りがいるな、大変だな・・・としか思いませんよね ! 実は、この状態はいつもの高齢者の状態でこの状態が進行しなければいいのですが、人間おかしなもので進行してしまうのです。ただ大半の方が認知症を知りません。さっきの例で上げた会話が起これば、いやだ ! まさか、おとうさん(おかあさん)が、に・ん・ち・しょう・・・・! とんでもないことだと妄想が不安を呼びこむのです。
最初の方でもお話いたしましたが、あなたが決めてはいけません。あなたは、医者ではありません。人間歳をとれば物忘れは盛んになるのです。



テレビは、ウソを言っています


よく、番組でタレントが最近テレビに出てこないからと追っかけると認知症の母を出してくるタレントがいますが、私からしてみれば親をネタにしてお金を稼ぐのか !と言いたいのです。タレントはお金があります。ご自身で介護をしていますが、はっきりといいます。やめてください。将来、過労で倒れます。認知症になったご両親の動きにはついていけません。予期せぬ動きがあるからです。

介護従事者や医療従事者でも悩みますよ!


昨年、私の父が亡くなりました。アルツハイマー型認知症と脳梗塞、脳血栓で倒れ肺炎で亡くなりました。
母は、一人で父の介護をすると言い張りましたがやはり息子である私が介護の仕事をしていますから身体が動かなければ頼ります。倒れた時も私に父親の命の判断をゆだねました。私は、家族の意見を聞きましたがやはり命です。延命・殺す(独自の考えです。不適切かもしれませんが、お許しを)確かに、判断はできず医師からの情報を聞きまた、医師の最後までやりましょう ! の言葉で延命を決めました。
私は、何人もの最後を看取ってきました。仕事でも嫌な物です。自分の判断が、自分の行動が目の前の人の命が消えようとしている。他人だが、自分の力はこれまでなのかとがっくりきます。いくら後悔しても最後は医者に判断をゆだねるしかありません。
あの時の判断は間違いか ? 正解かは、もちろん間違っていないと思います。



判断してください!


どうしたらいいのかわからない、父親、母親の様子がおかしい? 「普通ですよ。なんともありません !」と医者から言われて恥をかくと思うから・・・!
もしこんな考えをしているのなら、すぐに病院でやられている物忘れ外来を受診してください。
ここでは、高齢者専門医か内科医でも認知症専門医でないと判断が出来ない時があります。
最近では、総合心療内科など頭の上から下まで診察できる方がいますが認知症をわからないと間違った判断をされ困るのは家族ですよ。



認知症にならいために !


認知症にならないためには、どうすればいいんですか ?
最近では、食事や遺伝で認知症になると言われている事があります。私からしてみれば、若いころからの不摂生で、色々な病気をすることが怖いと考えています。
話を戻しますが、認知症にならない食べ物はありません。予防の観点からでは、高血圧や動脈硬化、脳梗塞などの症状を招きやすい多量の塩分摂取やコレステロールの多量摂取などで認知症を併発するケースがあります。
じゃう、何を食べれば認知症にならないのか ? はっきり言いまして無理です。どんなに、
頑張っても、マニュアルがあっても100%無理です。多分こんな食事はしたくないと言わんばかりの薄味になるからです。それに食事だけではありません。運動もしなくてはいけません。もちろん毎日ですよ。できますか???

まとめ


これからの時代、高齢者が日本全体の半分以上となると国から発表されています。
認知症と言う病気は、まだ新しくやっと病状の進行を遅らせることが薬で送らせる事ができるようになりました。だが、全ての認知症を完治させる事はできません。
認知症になったら助からない ! と昔は言われましたが、一人ひとりが手を取り専門知識がある人の手を借り生活する事が一番だと思います。