LINEで送る
[`yahoo` not found]

花粉症の季節ですね。

私は花粉症とは17年ほのど付き合いです。毎年のことだからと
慣れていくわけでもなく毎年嫌な季節だなと思い過ごしております。
花粉症さえなければ過ごしやすい季節でお花見なんかも楽しく過ごせるのに、
お花見も行きたいと思いません。

この季節、風が少し強めにふくので
そのせいで花粉も飛んできて外にいると症状がひどく出てしまいます。
いいことはありません。花粉症手当みたいなものがあったらいいのにと思ったりします。
とネガティブなことばかり考えてしまいますが…
だからといって生活はいつもと変わらないし、仕事をしなくちゃいけない、
家事をしなくちゃいけないじゃないですか…
そこで今回は少しでも花粉症の症状を和らげる効果的な食材とレシピをご紹介します。

前回までスーパーフードについていろいろお話してきて、今回はクコの実について
お話しようと思っていたのですが、
なんとクコの実は花粉症の症状を強くさせるという情報を知りました。
花粉症の私がこの時期にクコの実について語っても説得力がないと思い、考え直し、
私がこの時期にお話して伝わることは、花粉症にお悩みのみなさんの気持ちもわかる中で
花粉症に効果的な食材とレシピについてと思ったのでお話しますね。

腸内環境を整えよう




これは花粉症じゃない方でも知っている有名な話ではないでしょうか。
あえて私がいうのは本当に効果的だからです。
腸内環境を整えなきゃいけない理由は
花粉症の症状を和らげるには免疫系のバランスを整えることが大切で、
全体の免疫細胞の60%は腸の働きがほとんどで腸の働きが重要なんだそうです。
そして健康に良い働きをする善玉菌を多くすることが腸の健康状態を保つとされています。
善玉菌って聞いたことがありますよね?
そこで出てくるのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし腸整作用があることは
よく知られていると思います。
乳酸菌の代表といえばヨーグルトですよね。花粉症にいいこともよく聞きますよね。
これは本当です。毎日食べるだけで効果があります。
実際に私は薬いらずの日があるくらい効果があります。
他には納豆やキムチ、味噌などの発酵食品です。
私は納豆を毎日食べているので納豆が効果的かどうかは実感できておりませんが…

あと食物繊維が多いものも腸内環境が整います。
野菜はもちろん効果的ですね。
そしてスーパーフードのところでもお話したチアシードもオススメです。
ヨーグルトと合わせたらバッチリですね。

オメガ3 系のオイルを食べよう




ファーストフードやお菓子、脂っこい食事に使われているオイルにはアレルギーの症状促進、
炎症促進させる成分が入っています。
恐ろしいですね…
しかし、食事のオイルをオメガ3系のオイルに変えて摂取することで症状を和らげることが
できるのです。

オメガ3系のオイルって?

オメガ3は青魚にも含まれるDHAと同じで血液をサラサラにするだけではなく
アレルギーの症状促進や炎症促進を抑える働きがある栄養素です。
代表的なものは、えごまオイル、亜麻仁油、サチャインチオイルなどがあります。
そうです。どれもスーパーフードと言われる食品です。
以前にえごまオイルのご紹介をしましたので、
そちらもどうぞご参考にしていただければと思います。


サチャインチオイルは普通のオイルとして使ってもオメガ3は壊れませんが、
好き嫌いがはっきりして少し癖を感じる方もいますね。
えごまオイルと亜麻仁油は生でそのまま楽しまないとオメガ3効果が期待できません。
普通のオイルと同じように熱を加える料理には向きませんのでご注意ください。
生のままの使い方はパンにつけたり、サラダにかけたり、豆腐にかけたりして
お楽しみいただけますね。

これらのオイルはスーパーフードと言われるだけあって、
少量で高栄養価が期待できるので花粉症じゃない方で健康に気をつけている方にも
オススメですよ。


ビタミンをしっかりとろう




ビタミンは体にいいとか健康といえば必ず出てくる栄養素ですよね。
とにかく何かと活躍しているのがビタミンです。
花粉症に関していうと花粉症の症状で引き起こされる炎症の促進を抑えてくれるんです。
ここでビタミンが豊富で花粉症にはこれという野菜をご紹介。

それはレンコンです。

レンコンにはビタミンはもちろん、ムチンというネバネバ成分が含まれ、
納豆と同じなんです。納豆と同じということは先程言った腸内環境のところにも
当てはまりますよね。
何よりもレンコンはまさに花粉症の症状の鼻炎、鼻づまりに効果があると言われています。
これは食べるしかないでしょう。

ということで
レシピ2つご紹介です。









その1
レンコンのポタージュ

材料(2人分)

レンコン            150g
玉ねぎ             1/2個
水               400ml
牛乳              100ml
コンソメ顆粒          小さじ1と1/2
塩、胡椒            少々






作り方

1 レンコンは皮をむかずにいちょう切りにし、水に5分ほどさらす。
  玉ねぎはスライスにカットする。
2 鍋に1を入れ、水を入れ柔らかくなるまで煮ます。
3 2をミキサーに入れ滑らかになるまでミキサーにかける。
4 鍋に戻し牛乳でのばして弱火にかけコンソメ顆粒、塩、胡椒で味を整えたら完成です。

ポイント

レンコンは栄養を丸ごといただくために皮ごと使います。
汚れなどがある場合はその部分をむきましょう。

レンコンを水にさらすのは変色を防ぐためです。


レンコンは煮物や炒め物をイメージしますが、こんな洋風な食べ方もオススメですよ。
レンコンをメインでいただけるレシピです。


その2
レンコン入りポテトサラダ

材料(2人分)


じゃがいも         2個
玉ねぎ              1/4個
レンコン             70g
きゅうり             1/2個
酢               大さじ2と1/2
砂糖               大さじ2
マヨネーズ            大さじ2
塩                小さじ1/2
胡椒             少々


作り方

1 じゃがいもは皮をむき5mmほどのいちょう切りにする。レンコンは皮を向かずに
5mmほどのいちょう切りにする。それぞれ別々にして鍋で柔らかくなるまで煮ます。
2 玉ねぎは薄めにスライスし水に30分ほどさらし水切りする。きゅうりは薄めの輪切りにする。
3 じゃがいもは粗めにつぶして、そこに1のレンコン、2を入れ混ぜ合わせ、
  マヨネーズ、酢、砂糖、塩、胡椒を入れ混ぜたら完成です。


シンプルなポテトサラダにレンコンを入れた簡単レシピです。
お好みでベーコンやハムを入れても美味しくできますよ。




レンコンは幅広い料理で使われていますよね。
とても好きな野菜の一つです。でもメインで使われることが少なく思います。
煮物や炒め物にするとレンコンそのものの味が少し落ちているように感じます…
ここで紹介したポタージュのレシピはレンコンメインなので花粉症の症状を和らげるには
効果的だと思います。
ポテトサラダのレシピはレンコンは脇役ですが、味付けがシンプルで、レンコンそのものの味
を楽しめ症状を和らげるには効果的かなと思います。

他の料理では天ぷらがいいかもしれません。味はレンコンそのままですよね。
でも私はグツグツ煮る煮物でレンコンをいただくのも好きですが…


まとめ


1 ヨーグルトで腸内環境を整えよう
2 オメガ3系オイルで症状促進を抑えよう
3 レンコンでビタミンをとろう

花粉症になってしまった人は一生付き合っていかなければいけないですから、
少しでも症状が和らぐと春の過ごしやすい季節をもう少し楽しめますよね。
花粉の季節だけ意識的に食事を気をつけるのではなく毎日、もう少し体のことを考えて
食事に気をつけなければならないと改めて感じました。
そしたら、もっともっと花粉症の症状を抑えることができるかもしれませんね。