LINEで送る
[`yahoo` not found]



夏が徐々に近ずいてきます。ニュースでも30度を、越すような暑さが押し寄せています。昨年暑さで起こる症状が、熱中症でした。水分補給を忘れていると密かに忍び寄る病気です。熱い時期は、飲みたくない!食べたくない!と食欲などが減退します。だけど、食べなくてはいけませんよね。熱中症を防ぐには、飲食も大事ですし暑さの日本独特の夏を乗りきるのはどうしたらよいのでしょうか?



熱中症は、どんな病気

熱い日の環境の下において身体適応障害から起こる状態です。
症状として内部として脱水、体温上昇、臓器血流低下、多臓器不全。表面的症状として、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気などと言われています。体温の上昇、異常な発汗。場合によれば、熱中症で死亡する事もあるそうです。
重症になれば腎臓機能障害などを起こし後遺症もでるといいます。


熱中症には、種類があります。
熱失神

めまいや冷汗、一時的な失神が見受けられます。これは、脳に血液が回りにくい状態になっているといいます。脳に血液が回らないため足を頭より高くしてください。
涼しい場所で休ませるようにして下さい。

熱痙攣

筋肉痛や手足の痙攣は熱から起こる痙攣で大量に汗をかいてしまい、水分と大量に摂取しても汗として水分と一緒に塩分も流れ出るために、塩分も一緒に摂取するようにして下さい。熱中症でケアした場合、痙攣が症状としてもいられる場合は、1リットルの水に9gの食塩を入れた生理食塩水をつくり飲ませるようにしてください。

熱疲労

全身の倦怠感や嘔吐、頭痛が見られ疲労感がでるといいます。大量に汗をかくことにより脱水症状を起こしているかもしれませんから塩分を含んだ水分を摂取してください。一番良いのが、スポーツドリンクです。脳に血液が回らないため、足を頭より高く上げて脳に血液をまわしてください。

熱射病

不自然な言動や意識障害。体温が高くなり命の危険がある重症の熱中症状があります。
熱射病は、体温が高くなっているため出来るだけはやく体温を下げなくてはいけません。
このような症状が出ているならすぐに救急車を呼んでください。良くなったと本人が言ってもすぐに医療機関に受診しなければいけません。
救急車が到着するまで首や腋窩部、鼠径部を氷や保冷剤を当てて体温を下げましょう。
乳幼児や高齢者の場合は、熱中症や脱水症状が起こっても症状が出ない場合が多いです。高齢者の方々は炎天下の中、高温の室内でも暑さが分からないと言います。
高齢の方が室内でいる場合は、冷房をつけることや水分の摂取を嫌がる傾向にあります。冷房は国が28℃を推進しています。冷房と扇風機で風を送り室内をゆっくりと覚まして下さい。高齢の方は、冷たい物は嫌う傾向にあります。温かい水分を薦めるのも手ですよ。



熱中症を起こさないための対策として

熱中症対策は欠かせない物です。何を飲んだらいいのか何を食べたらいいのか?身近にある物が効果があると言いますのでご紹介します。

牛乳

Fresh milk on wooden table in morning light and nature background



牛乳には、水分は含まれていますが塩分が少ないといいます。
なぜ、熱中症に効果があると言うのでしょうか?
牛乳にはアルブミンというタンパク質が含まれていると言います。アルブミンは、血管内に水分を入れる作用があり血液を増やす要素があると言えます。血液量が増える事は、汗が出やすくなり皮膚の表面から熱を放散する機能が高くなります。これは、皮膚に近い末梢の血液量が増えると言われ体温が腸性しやすくなると言われています。

熱中症は、体温調整が働かなくなることが起こりますので牛乳効果で血液量が増へ、体温調整がしやすくなると熱中症予防になると言います。
牛乳を飲むタイミングとして、運動後が効果的といいます。運動をしていない方などは外出して帰宅された時にコップ1杯の牛乳を飲まれてください。また、運動や外出中に牛乳を飲まれると効果があると言います。
これらを実行することで暑さに強い身体を作ることができるといいます。

私は、牛乳が苦手です。小学校の頃、給食が苦手でした!?牛乳がだめですから!
友人に飲んでもらう事が多くありました。全ての牛乳製品がダメとは言いません。
もし、私みたいに牛乳だけがダメな方ならヨーグルトやチーズも乳製品ですのでためしてください。最近では、飲むヨーグルトがありますから食べることなく飲料水と同じように摂取できると言います。
今年の夏は、スポーツドリンクだけでなく牛乳も用意される事をお薦めします。



梅干し




梅干しは、日本人の知恵が入っている食材と言えます。
CMでタレントさんが脱水症状を起こした事がると経口補水液を進めているCMが見受けられますが、実は梅干しにも同じ物が入っているそうです。
入っている成分は食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウム、ブドウ糖です。

最近スーパーに行くと梅干しにはちみつが入っている商品があります。(以前からあるかもしれませんが)上記の項目でブドウ糖がありますが、この成分は砂糖では代要はできません。砂糖は、ブドウ糖と果糖が結合してできた物質です。

ブドウ糖だけを考えると多く含んでいるのはやはり甘味どころのはちみつです。
はちみつの成分は、40%がブドウ糖と40%が果糖だからです。梅干しにスプーン1杯のはちみつを加えるとナトリウムイオンとブドウ糖が1対1になると言われています。


麦茶




時期になると「ミネラル麦茶」と各テレビ局のCMから流れる商品CMがあります。
夏、暑さで大量に汗をかくと体内の水分やミネラルが不足し身体の腸性が出来なくなると言います。ミネラルは人間の体の中で作ることができないと言われています。
ミネラルは、人間の体温調整にはかかせない役目があり熱を排出できないようになってしまいます。
実は、麦茶の効能として
身体を冷やす効果。
血液をサラサラにする効果。
抗酸化作用で活性酸素を断ち切る効果。
夏バテ防止。
胃の粘膜を保護する。

熱中症は、血液をドロドロにし高血圧や心筋梗塞の症状を作る要素があります。
できれば、コーヒーやジュースではなく毎日麦茶を飲む事で熱中症予防につながると言います。

スイカ



夏の熱い時期に出荷されてくるのがスイカです!
甘くてみずみずしい食べ物で、食べ過ぎるとお腹を壊した覚えがあります。
スイカは、水分が90%以上。糖分やカリウム・カルシウム、マグネシウム等のミネラルが含まれています。
よく、スイカを食べる方で塩分を加える方がいますが微量にすると良いですよ。
理由として、スポーツドリンクと同じ効果が期待できるといいます。
スイカには、多くの女性の悩みのひとつにむくみと言う症状があります。
血液循環が悪くなり水分が溜まる症状です。スイカを食べると血流状態が改善されシトルリンというアミノ酸が含まれており手足のむくみが改善できるそうです。
また、ビタミンAやリコピンが大量に含まれており美肌やしわ、美肌効果などの案提示ングにも効果があると言えます。
カリウムは、高血圧予防に効果的でカルシウムも含まれており骨への蓄積を高め骨粗鬆予防にも効果があるそうです。



スイカはいつ食べるのが効果的かといいますと「朝」と言います。
生のままでもいいですよね!ちょっと!と言われるならジュースはいかがですか!
夏は、朝から熱い日々が続きます。食欲は徐々に無くなりますからいつもの朝食では何だか食欲もわかずと思えます。睡眠中に脳が消費したブドウ糖も吸収できますので朝からスイカもいかがですか!

その他

定番のスポーツドリンクははずせませんよね。ただし、多量の摂取は肥満傾向にありますから程々にお願いします。また、個人で作られたドリンクなども有効かと思います。



まとめ

これからやってくる夏!気象庁も今年の夏は例年より熱いと言われています。
熱中症対策をして乗り切らなければいけません。今までみたいに冷房の下にいるのでは、逆に冷房病となり関節の痛みや内臓からくる痛み消化不良などによる下痢などがおこり大変な夏になります。そんなことにならないためにも予防知識をもって乗り気ましょう。