LINEで送る
[`yahoo` not found]



スーパーフードって最近テレビや雑誌でよく聞きませんか?
日本で騒がれ始めたのはここ3、4年ですかね。女優さんやモデルさんが
毎日食べてるとテレビで紹介されると一気に話題になり、
スーパーフードの認知度が上がって、今では沢山の種類がお店で販売されています。

発祥は1980年頃のアメリカやカナダで、有効成分を突出して多く含む食品に対して
使われた始めた言葉だそうです。そしてスーパーフードは、ごく少量で栄養、健康成分を効率的に
とれるとして人気が高まっています。

それにしてもセレブリティーなイメージが強いし、売ってる場所もデパートや
専門店に行かないと手に入らないイメージありませんか?
まるでアイドルのような遠い存在…
でも違うんです。
AKB48みたいに会いに行けるアイドルと今は同じなんです。
スーパーフードは一般のスーパーでも手に入るんです。

私は普段、自然食品店でアルバイトをしています。そこでは多種多様の
スーパーフードを扱っています。
お店に来るお客様の中にテレビでやっていて、スーパーフードなんて初めて知ったと言って
買っていき一ヶ月後、「まだあれ残ってるわ…」と言われ私としては少し残念な気持ちになります。
こういう方が何人もいるのです。

もったいない!!

そこで、多種多様なスーパーフードに毎日触れている私が
実際試したオススメスーパーフードとその食べ方を教えちゃいます。
そしてどれもスーパーで買うことができるものばかりですよ。


ポリフェノールが豊富なアサイー




アサイー… 話題になりましたよね。話題になってからいろいろな飲食店の
メニューで見るようになりました。パンケーキやアイスのソースになっていたり、
ジュースで売られていますよね。
今ではかなり定着したスーパーフードですね。
アサイーはフルーツでポリフェノールが豊富でワインのおよそ30倍含まれているそうです。
直径1センチほどの小さな実の中にすごいパワーを秘めているスーパーフルーツなんですね。

アサイーは生のフルーツとしてではなく、パウダーや冷凍のペーストになって
販売されています。私はパウダーのものを食べています。
ものによっては食べやすくするためにアサイー以外にバナナやストロベリーを混ぜて
パウダーにしているものもありますが、私はアサイーだけのを食べています。
フルーツなので酸味がありヨーグルトにかけて、はちみつを合わせて手軽に食べています。
これからの季節はアイスと合わせたら美味しそうです。
ペーストのものの方がアイスとは相性がいいのではないでしょうか
アサイーはスーパーフードの中で味も想像できますし、
最も食べやすく、使いやすいものです。




食物繊維たっぷりチアシード




チアシード… 初めはなんだろうこれ? といった感じで近寄りがたいものでした。
テレビで話題になってからは幅広い年齢層の女性の方に人気ですね。

チアシードは食物繊維たっぷりなので便秘の解消になります。
なので女性の方に非常にオススメなんです。
ただ、食物繊維の含有量が多いので取りすぎると逆効果になることがあるので、
初めは小さじ1杯分くらいの量で試してくださいね。

チアシードはチアというハーブの種です。
黒い色をしたものが多く、チアーシードを食材に混ぜるとゼリー状の成分が種を覆うような
見た目になるため、カエルの卵のように見えます… 笑
この見た目がイヤという方は白い色のチアシードも売っています。そちらがオススメです。
味や匂いがないため食べにくさは感じません。
私はヨーグルトに入れたり飲み物に入れたりしてチアシードの基本的な食べ方で楽しんでいます。
お米を炊くときに混ぜて炊いているという方がいました。カロリーダウンになって
いいかもしれませんね。
料理する方はクッキーやパンの材料にもできますよ。ゴマのような見た目、食感になるので
使いやすそうです。


ココナッツオイルで脳のアンチエイジング




ココナッツオイル… これはいっきに爆発的な人気になりました。
それから一般のどこのスーパーに行っても販売されていて、
お店によっては欠品が続くなんてこともありました。
私のアルバイト先でも何ヶ月も続く人気っぷりでした。このココナッツオイルの
人気によりいろいろな使い方がいろいろな本で紹介され、この本までも必死に欲しがる人を
見かけたことがあります。

ココナッツオイルは脳に必要な栄養素のサポートをしてくれる
中鎖脂肪酸が多く含まれていることから脳のアンチエイジングにいいとして有名です。
おじさま、おばさま方がよく買っていましたね。しかも1個じゃなく3、4個の
まとめ買いです。
その時、つくづく今は本当に年齢よりも若く見える人が多くなって、
健康への意識が高いなと…

楽しみ方はココナッツオイルの甘い香りをいかして、コーヒーやミルク、ヨーグルトや
グラノーラにそのまま入れるのが一番食べやすいです。
納豆や味噌汁に入れて… なんて紹介されているものもありましたよ。
料理するならバター代わりに使うイメージです。トーストやオムレツなどのような
洋食の味付けに合います。
ココナッツオイルのいいところは、そのまま何かに入れても、
火を入れるような温かい料理に使っても含まれる栄養素が壊れにくいところです。
普通の油として使って効率よく栄養が取れる万能な油ですね。


面白いです。
ココナッツオイル食用以外の楽しみ方もあるようです。こちらの動画をどうぞ。




えごま油で効率よくDHAを




えごま油… これもココナッツオイルほどではありませんが、話題になりました。
ココナッツオイルとは違って火を入れるようなものに使うと油が酸化して
美味しさはもちろん栄養素が壊れてしまうため、そのまま使った方がいいとされています。
それでも健康志向の世の中ですから、使い方が少し変わっていても試したいという
心理が勝つんですね。
だから、同じように使うえごま油の仲間、
亜麻仁油やヘンプシードオイル、インカインチオイルなんてものも人気がありますよ。

えごま油にはオメガ3脂肪酸が含まれており、魚に含まれるDHAと同じ栄養素なんです。
魚を食べると頭がよくなるとか聞いたことがありますよね?
オメガ3脂肪酸は同じ効果があるということです。そして、血液もサラサラになるんです。
魚を食べてこの栄養素を摂取しようと思うと、一日魚半尾を食べないといけないのですが、
これをえごま油に変えると一日大さじ1の量ですむんです。
これを毎日って思ったらえごま油の方が摂取しやすいですよね。

楽しみ方は豆腐やサラダにかけたり、餃子のタレのラー油代わりや味噌汁に入れたりしてます。
シソ科のえごまの種で作った油ですのでシソのいい香りが楽しめます。
私の場合は栄養素の摂取や酸化をあまり気にしないので、普通に炒め物や煮物などの
料理にも使っていますが… 笑



まとめ



1 スーパーフルーツ、アサイーの力でパワーをもらおう
2 チアシードで体の中をキレイに
3 ココナッツオイルを美味しく食べて脳のアンチエイジングに
4 えごま油で血液サラサラにしよう


こうして見てみるとスーパーフードってどの種類も、そのまますぐ食べれる物ばかりですね。
食べ方がわかって自分に合うものが見つかれば、簡単に始められるのではないでしょうか。

いろんな種類をいっきに試すのではなく一つでもいいから、毎日、続けてみることが
健康への近道なのではではないでしょうか。
スーパーフードライフ始めてみませんか?