LINEで送る
[`yahoo` not found]



トランス脂肪酸って聞いたことありますか?


避けるのは至難の業っていうほどいろんな食品に含まれています。
体への影響は悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールを減少させる働きがあり、
心臓病のリスクも非常に高くなるという影響があります。
トランス脂肪酸を過剰摂取は生活習慣病になる危険性があるということです。

アメリカでは禁止されるほどなのに日本では無法地帯で
規制されていないそうです。
なぜなら、アメリカと比べて摂取量が少ないからのようです。
でも今の日本は欧米化され昔の食文化とは違い小麦や油を使った食品の摂取量は
増えていると感じますよね。お米を食べる習慣が減っていてお米の農家さんが
苦労しているという話を聞いたことがあります。
それぐらい身近にあって摂取しているトランス脂肪酸…
実は私もそれほど意識したことはありません。
アイスやお菓子、特にチョコは結構食べています。パンだって食べることも
ありますし、スーパーのお惣菜も買ってしまいます。

そこで食に関わる仕事柄トランス脂肪酸のことは知っていても意識したことがなかった私が、
何日か意識的にトランス脂肪酸を摂取しないように心がけて過ごしてみました。
そこに密着して、どのような食品がいけないのか? 摂取しないとどのような食事になるのか?
また、この何日かで感じたことをご紹介したいと思います。

密着トランス脂肪酸 1日目

食品表示を見てみよう

まずは食品表示を見てみましょう。食品表示を気にしたことがない方も多いはず。
パッケージの裏を見ると原材料のところにはとにかく沢山の種類の
材料が使われていることがわかります。
一番はじめに書かれているものから順に、使われている分量が多い順に書かれています。
はじめのほうは聞いたことがある食材名なのですが、後になればなるほど
カタカナで馴染みのない名前がずらりと書かれています。
トランス脂肪酸が含まれている代表的なものはマーガリン、サラダ油、
ショートニング、植物油脂などです。
マーガリン、サラダ油は商品そのものなので食品表示を見なくても避けなければいけません。
ショートニングはパンや甘いものお菓子(アイス含む)に主に含まれ、
植物油脂はチョコレートに主に含まれています。
これらが食品表示に載っている場合はトランス脂肪酸が含まれていることになります。

私は常に食品表示を見ていますが、トランス脂肪酸が含まれていることを
意識したことがなかったので、密着を始めた1日目からあれにもこれにも
トランス脂肪酸がっ!! と思い買い物に時間がかかりながらも、結局買ったものは
野菜と果物と卵だけだったので自炊をしたわけですが…


食品表示の見方をわかりやすく説明した動画を見つけました。
どうぞご参考に。




密着トランス脂肪酸 2日目


食品表示を見てもわかりにくいものに
気をつけよう




食品表示を見ることに慣れてきたら、次に気をつけなければならないことがあります。
わかりやすくショートニング、植物油脂と書かれていたら避けることができますが、
見てもわかりにくく、トランス脂肪酸を含むもので作られている食品もあります。
ポテトチップスのような揚げ物お菓子、カップ麺です。この商品に使われる油が
植物油脂なのです。
他にもマヨネーズには植物油と書いてあるものもあります。
これらも残念ながらトランス脂肪酸が含まれています。

普段私はトランス脂肪酸とは無縁の商品を扱っている場所で
働いているのですが、一般的な商品とは違って値段は高いですし、
供給が安定しない商品も多いです。
それと比べて一般的に売られている商品は、こんなに沢山の種類のものが
安く大量生産をするために化学的なものを使って作られていることを
改めて実感しました。

アメリカのようにトランス脂肪酸が含まれる材料の使用を禁止にできたら
いいのにと思いますが、それをしたら日本の経済に関わることになるのだろうと、
考えると個々に気をつけるしかないのだと思います。


密着トランス脂肪酸 3日目


中食、外食はトランス脂肪酸だらけ
ということを知ろう




スーパーのお惣菜、コンビニのお弁当などの中食や、ファーストフード、ファミレスなどの
外食で食べる食品には、ほとんどトランス脂肪酸が含まれています。
食品表示は確認できませんが、こういったところで使われる油に問題があると
考えればいいのです。よっぽど油にこだわってますとうたっているお店でなければ
サラダ油などを使っていると考えられます。

こういった場所での食事はなんとなく体によくないと言われているのは
わかる方も多いと思います。
私もスーパーのお惣菜は買うことがありますね。
以前は唐揚げとかよく買っていました。でもトランス脂肪酸のことを思うと
買えなくなってきましたね…笑
揚げ物だけじゃなくサラダとか見てもマヨネーズ使ってますし、
野菜を使った煮物でも油は使ってますしね。完全にトランス脂肪酸を避けると
なると買えるものはありませんね。

よく考えると他にもありとあらゆる中食、外食は避けなければなりません。
ケーキ屋、パン屋、ミスド、喫茶店、中華店、カレー屋など…
これはもう絶望的ですね。






密着トランス脂肪酸 4日目

中食、外食でも食べられるものを探してみよう




ここまで見てきても
「いったい何が食べられるの? 食べられるものないじゃん」
と思いますよね。でも待ってください。
和食、和菓子など日本のものは比較的、中食、外食でも食べられるものが多いのでは。
うどん、蕎麦、お寿司、焼き魚、焼き鳥、漬物。
油を使わない料理のものと考えれば和食中心になりますかね。
これってすごいことですよね。考えたこともなかったですね。
そう思うと食文化が欧米化したことがトランス脂肪酸の摂取が多くなった
原因なのでしょうね。
昔はお菓子なんてなく、おやつは芋や干し柿などの自然なものだったと
父から聞いたことがあります。これってとても体にいいことですよね。
芋をおやつに食べることなんて今はありえないと思うかもしれませんが、
小さい子供がいるご家庭では芋とかを、おやつで食べさせているとこあるみたいですよ。
そういうのを知ると日本の食文化って体にいいのに忘れてしまっているなと
思いますよね。

トランス脂肪酸は摂取したくない。でも和食は苦手という方は
中食、外食の中でもチェーン店などは避けなければなりませんね。
少しお高いレストランや、食材にこだわって作っているようなお店での購入しか
考えられないでしょうね…







まとめ


1 食品表示を見ることから始めてみよう
2 わかりにくい食品表示には気をつけよう
3 中食、外食はトランス脂肪酸の食品だらけ
4 トランス脂肪酸ゼロ。和食はすごい。



トランス脂肪酸って意識してみると、普段買っているものに結構入っていることが
わかりました。食品添加物と同じで今の日本の状況では、
完全に避けて通ることはとても難しいですね。
自炊は当然トランス脂肪酸は避けられると考えられますが、
いつも自炊、そしていつも和食という風にはいかないと今回、意識してみて感じました。
トランス脂肪酸はできるだけ摂取しないように意識して見るというのが、
無理がなくいいのではないでしょうか。