LINEで送る
[`yahoo` not found]



春爛漫!暖かくなってくると、薄着になることも多くなりますよね!

ちまたで、ダイエット!の声が一段と高くなって来るシーズン到来です。
私はというと、も~長年トトロのような着ぐるみを着用しています!って..(汗)
トトロなんてかわいく言ってしまいましたが..早い話、「贅肉」。
も~長年着用しているので、愛着があって脱げない。(いや…贅肉ちゃんが私を愛するがゆえ離れてくれない…と、こんな調子なので、すでにダイエットは諦めの領域)

最近では、健康体なおデブと、世間で噂がある(あの、巨体で、健康体とくれば、それこそ、おデブちゃん達の救世主的シンボル) マツコ・デラックスを目指す!
と惰性的な宣言をしたところ、モデル並みとまでは言わないが、せめてそのお腹周りだけでも万年妊婦は卒業しろ!と娘チャン達より愛の?総攻撃を食らいました。(笑)

ダイエットも、トトロになるまでの道のり結構試しました。
(トトロになるまでの道のりって、ダイエットの失敗談かっ!!→そうで~す!)
試した結果、わかったことは、痩せる(体重を落とす)事より、落とした後を維持することは難しいということでした。
元来、おデブちゃんタイプの人って、「食べる」事大好きですからねぇ~
リバウンドなんて十八番です(って…ほめられることじゃないですね。)
単純に言えば、カロリーオーバーで贅肉誕生!ってなるんですから、カロリー抑えれば誰でも、痩せるんです。単純です。食べなきゃいいんですから。

しかしながらです。
「食べない」と生きていけないんですよね~。仙人じゃあるまいし。
貴重な人生。周囲は美味しいものが溢れているのに、食べられない生活ほどわびしいものはないですから。

考察!本当のダイエットって?



今、ちまたで、炭水化物(糖質)抜きダイエットとか、脂質を避けたダイエットとか、流行っていますよね。そうそう、酵素ダイエットとかも聞きますね。(酵素は各自が体内で作っている形があるので、それにマッチしなと、飲んでも効果はないそうですが…)
現代は飽食の時代だからこそ、ダイエットに関心を持つ人も多いですよね。


でも、ダイエットって何?って最近思います


私のようなおデブちゃんがスレンダーになることばかりがダイエットなんでしょうかね….
決して自分のおデブちゃん体型を正当化するわけではないのですが、一概におデブちゃんだから、痩せろって、それはおかしいと思うわけです。
スマップの「世界にひとつだけの花」ではないですが、花だっていろんな種類があるように人間だっていろんな種類があって然るにだと思いませんか?
太めの人、ぽっちゃりの人、痩せてる人、理想体型の人、かわいい人、美人、それなり..
要は、自分の体型や健康状態に問題が生じた時、あるいは生じては困ると感じた時人はダイエットをすればいいのだと思います。見てくれをカットするだけがダイエットではないと思います。
体が重くなって、足腰に負担を感じれば、もちろんダイエットは必要ですし、太りすぎて、心臓に負担がかかれば、当然ダイエットの必然性が出てきます。痩せていたって、隠れ肥満というのがあるように、体の内外を綺麗に(健やかに)することがダイエットではないでしょか?

私は、数年前に更年期で、腰痛がひどくて寝たきり生活を経験しました。トイレも寝返りも出来なくなって、娘に介護してもらったとき、まだ、介護を受けるには早すぎる歳だったので、超やばい!とかなり焦りました。
その時、痩せるといった方向性ではなく、健康を取り戻すためにダイエットを実行しました。おかげで、おデブちゃんは、まだまだ、改善途上ですが(改善途上!いい言葉発見!笑)体調はすこぶるよくなりました。腰痛も今ではほとんど気になりません。


あなたの体はあなたの食べた物から出来ている




人の体は60%の水分と残りが、たんぱく質、脂質から出来ています。
なので、6大栄養素の中で脂質と炭水化物(糖質)たんぱく質は、3大栄養素といわれて生命維持には欠かせない栄養素なわけです。(ちょっと、専門的?ご安心あれ、こむずかしい話は私にはできませぬ。笑)
しかし、生命維持にかかわってくる栄養素ゆえ、取り方を間違ってしまうと、健康に当然影響を及ぼします。
現代人は、脂質が過剰摂取気味の傾向にあるんですよ!!脂質の適正摂取量の上限ってご存知ですか?
総エネルギーに占める脂質の適正な摂取割合は20~25%未満。つまり25%が上限なんですが、この数値は1988年には突破されて現在は26%を越えています。
20年以上も過剰摂取の状態が続いているんです。
過剰摂取といっても、脂質の「質」が問題なんです!
(油を摂り過ぎてるから太る!は短絡的。油の質を考えましょう。)
体が健康になってくると、不健康で太っている場合は体のほうで自然と痩せてきます。
がんがん!!痩せるというわけじゃありませんが、コツコツ。
チリも積もれば山となる!リバウンドするより絶対、こちらの方がいいと思います。
(おデブちゃんにだって、時間をかけてなったわけですから)
ところで、あなたはの朝食は!パン派?ご飯派?取らない派?
健康に支障が出やすくなる食事はパン派のあなたです!!パンはどんなパンを食べていますか?
パンはご飯より糖分に加え脂質もたっぷりです。それに、自家製パンならともかく、市販のパンの表示を見ると、た~~~くさんいろいろ加えて美味しくしてくれています。(嫌味です)



そして、マーガリンを当たり前のようにたっぷり塗って食べていませんか?
マーガリンは、諸外国では規制が厳しいトランス脂肪酸を沢山含んでいます。
日本では、警告を促す専門家も多いにもかかわらず、規制がゆるいです。
油を高温処理したときや、水素添加によって発生するそうなのですが、トランス脂肪酸を取りすぎると、脂質には、体を作る細胞膜を作るという重要な役割があるのですが、その細胞膜に入り込んで細胞の働きを狂わせたり、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。血液を造る成分にも影響してるので、当然質の良い血液ができません。
さらさら流れない血液は血管を詰まらせて、恐ろしい血管の疾患を引き寄せます。
また、脂質は「脳」の成分にも大きな影響を及ぼすので、さまざまな脳疾患のリスクが高まることを警告している専門家もいます。
体内で、このような異変がおきているのですから、太っている人が痩せるわけありませんし痩せてる人でも、体調が崩れやすくなります。
最近、ちまたでも「質の良い油」を摂ろうと、色な商品が出てきていますよね。
ココナツオイル・アマニ油・エゴマ油・バージンオリーブオイルなどなど。
体に優しい油。(お財布には厳しい油 汗)
難点は高価なこと。なかなかこちらを常用するのってむずかしいですよね。
でも、油は、本当にダイエットもさることながら、健康を左右するので、声を大にして見直しをお勧めいたします!
比較的安くて安心して利用できるオイルとしてはAmwayで販売している「エサンテ」なんてどうでしょう。600g入りで720円ほどで購入できます。ただし、こちらも、Amwayに登録しないと購入できないという難点があります。(私は、たまたま、娘ちゃんがここの製品を愛用していたので、娘ちゃんに買ってもらっています。)

自覚が大事!現代人は糖の取りすぎ!!




そしてご飯派の皆様は!
ご飯のおかずに気をつけましょうね。
お米は和食のメインですが、ご飯は、結構糖分も多いですから、おかずに気配りをしましょう!理想は、野菜や海草を使ったお味噌汁、納豆とか、ぬか漬け、焼き魚(刺身)たんぱく質や発酵食品などを取り入れたおかずが理想です。
ご飯と、洋食を組み合わせることがなかった時代の日本の食卓に登った和食タイプこそ、本来の日本人の体質にあった食材だったのかもしれませんね。(もともと、お米+発酵食品(漬物・納豆・お味噌汁)が和食のメインでしたもんね。)
煮物や煮魚など、砂糖など使うおかずを組み合わせたりしては、Wどころかトリプルで炭水化物の取り過ぎになってしまいますからね。
(好きかも知れませんが、ラーメンにご飯は極力避けましょう。笑)
よく、私は、水を飲んでも太るんですとおっしゃる方….いえいえ、あり得ませんから。
(こういう方は、食べ物の材料に気を配らずに食べちゃってる傾向が強いです。)
お米も精製されたものより、玄米がいいようですが….この辺は好みやその人の歯の事情とか、お腹事情がありますからね。


「シュガーブルース」ってごぞんじでしょうか?



精製された砂糖がどの位健康被害を及ぼすのか知った一家の主婦が砂糖を家庭から追放するまでを描いたドキュメント物です。彼女の奮闘をみるにつけ、精製された砂糖がどの位健康を害するのか、痛感させられます。
そこで、朝ご飯抜く派の人に気をつけていただきたいのが、「糖分」です。
間違った思い込みで、健康のために抜いてる朝ご飯のはずが、逆にいきなり血糖値をあげてしまう、罠にはまってしまいます。

「私は、朝、野菜ジュースや、スムージーとかで、ヘルシーに済ませてます!」と意気揚々と宣言!!

はい!ダメですよ~。特に市販品は結構な糖分が入ってます。(美味しいですもんね!)
それに、加熱処理とかしているうちに野菜の栄養はほとんどなくなってますから。期待するほどのヘルシー効果はありません。(どんなヘルシー効果を期待しているのでしょうね?)
むしろ、味を調えるために使っている「砂糖」がすきっ腹にいきなり投入されるわけですから、体にいいはずがありません。
健康診断で、血糖値が高い!とありがたくない診断結果をもたらします。

自家製のスムージーや野菜ジュース。

市販よりはましですが、ここでも、一応気に留めて欲しいのは、組み合わせです。
最近の野菜や果物は、品種改良をされて、味が大変おいしくなっています。トマトも、甘いトマト、みかんも甘いみかんがもてはやされ、そこには果汁本来の持つ糖度がありますよね。甘いくだものや野菜の組み合わせで作ったドリンクは「糖」がたっぷりです。
「おれさぁ~炭水化物ダイエットしてるから、ご飯やイモ類、麺類は、食べないようにしているんだ!!その代わり、野菜ジュース飲んだり、スムージー飲んだり、野菜やくだもの沢山摂る様に心がけてる!」なんて、どや顔で言われてしまうと、体はトトロなのに気の小さい私は、心で「アホちゃう?!炭水化物ダイエットになってないじゃん!」って思うわけです。
ご飯や芋麺類以上に、そういった隠れた「糖」の存在にまんまとやられているからです。
隠れ肥満ってご存知ですか?見てくれは決して太っていないのに、内臓がフォアグラな人のことを言います。
痩せていれば健康とはい一概に言えないということです。
健康的なダイエットは、食材の質と糖質の量を見直して、体の内外ともにすっきり、快調に過ごすためにおこないたいものです。