LINEで送る
[`yahoo` not found]



イタリアンが日本に一番浸透したのが30年程前です。
“イタ飯ブーム”
聞いたことありませんか?
私のパスタやピザとの関わりは家族みんなでレストランに出かけたり、
お家でパスタを茹でミートソースをかけて昼ごはんに食べたりというものでした。

そして懐かしい味と言えばナポリタンですよね。ナポリタンは日本で生まれた
和風スパゲッティ。日本人が生み出した日本を代表する味。
今では喫茶店に行けば当たり前に置いてあるメニューですね。

私は外食するといったらいつもパスタが食べたくなります。
うーん、でも何故でしょう?
カレーやラーメンと同じくらい日本人ってイタリアン好きですよね。
私も何故と考えたことがないくらい自然にイタリアンを食べています。

そこで料理好きな私が今が旬で美味しい、
春野菜を使ったイタリアンレシピのご紹介と合わせて、
日本人にイタリアンが人気の理由をお伝えします。


日本人の味覚に合う


日本には豊かな四季がありますよね。イタリアにも四季があって
イタリアは日本の気候とよく似ているんだそうです。
ローマの気候は一年を通して東京の気温とほぼ同じのようです。
この四季、気候の変化で生まれた食材で作られる独自の食文化は
日本とよく似ていて、だからこそ日本人の味覚に合うということなんですね。



私の出身地、山形県の庄内地方は山のもの海のものが豊富に溢れています。
あるシェフがこのイタリアに似た気候でできた食材をうまく使うことはできないかと、
庄内地方にお店をオープンさせました。
お店の名前は アル・ケッチャーノです。お店のホームページも是非ご覧ください。

http://www.alchecciano.com/”http://www.alchecciano.com/

ここは私以外の家族は行ったことがあるようです。私はまだです…
行ったことがある人から言わせたら「絶対に行くべきだ」
というほど素晴らしお店だとのことです。ただ美味しいだけではすまされない、
ロケーション、サービスなども含めて素敵だそうです。
だから私、行かなければいけないと勝手に義務感を抱いているのです。

日本人に馴染みのあるパスタ料理でペペロンチーノがありますよね。
その味付けがベースになっている料理を私はよく作ります。

ここで春野菜を使ったレシピ、その1


ここでの春野菜は菜の花スナップエンドウです。




菜の花とスナップエンドウのアーリオ・オーリオ



材料(2人分)

菜の花         1束
スナップエンドウ    1パック(10本程)
ベーコン        2枚
オリーブオイル     大さじ1/2より少し多め
輪切り唐辛子      小さじ1/4
おろしにんにく     小さじ1/2
塩           少々
胡椒          少々



作り方

1 菜の花はさっと洗い3、4センチの長さにカット、スナップエンドウは筋をとります。
2 フライパンに輪切り唐辛子、おろしにんにく、オリーブオイルを入れてから
  弱火で火をつけます。
3 にんにくのいい香りがしてきたらベーコンを入れ、カリっと硬めになるまで炒めます。
4 フライパンに1 を入れ炒めスナップエンドウが柔らかくなったのが確認できたら、
  塩、胡椒で味を整え完成です。

2のところは焦がさないように弱火でやるのがポイントです。
 
スナップエンドウの筋はどうやってとるの? という方はこちらの動画をどうぞ。






ヘルシーで日本食に近い




イタリアンは油をたくさん使っていて高カロリーと思われがちですが、
他のフランス料理や欧米のような洋食に比べたらそんなことはありません。
フランス料理で使う油はバターが主で動物性の油を使っています。
それと比べてイタリアンで使う油はオリーブオイルが主で植物性の油なんです。
動物性と植物性の油の違いは摂取した時の体の中での吸収のされ方が違います。
植物性の油の方が体内でかたまりにくく吸収されやすいことから血液を
サラサラにしてくれるんですよ。
そして、動物性の油よりも植物性の油の方がヘルシーです。

また日本食に近いような料理もあります。
カルパッチョは刺身に似ていますし、フリットは天ぷらに似ています。
それも四季があって気候が似ているから料理の仕方も似てくるんですかね。


春野菜を使ったレシピ、その2

ここでの春野菜は新たまねぎとセロリです。


お好みの刺身で簡単カルパッチョ




材料(2人分)

お好みの刺身        2人分くらいのもの
新たまねぎ         1/2個
セロリ           茎の部分1/2 葉の部分1/2
レモン           1/2
オリーブオイル       大さじ1
砂糖            小さじ1
塩             少々
胡椒            少々


作り方

1 新たまねぎは薄めにスライスして水に30分ほどつけておき、30分したら水を切ります。

2 セロリの茎の部分は薄めにスライスし、葉の部分はみじん切りにします。

3 レモンは手で絞りレモン汁になったものと砂糖、塩、胡椒と混ぜ合わせます。

4 お皿にお好みの刺身を盛り付け1 と2 を上からパラパラとのせ、そこに3 をかけてオリーブオイルを全体に回しかけたら完成です。

1 をやらないと新たまねぎは辛くて食べにくくなってしまいます。




お家で簡単イタリアン







なんと言ってもお店に行かなくても、お家で簡単に作って食べれちゃいますよね。
パスタやピザ、サラダなど。私はグラタンを作ることもありますが、これはフランスのもの
みたいですね。ドリアがイタリアンらしいです。

小学校の家庭科の授業でミートソースを作ったことがあります。
それまではレストランで食べたりレトルトのものしか食べたことがなかったので、
「へー、ミートソースって作れるんだ」と授業前に驚いたことを覚えています。
その時、作ったミートソースは忘れることができない感動の美味しさでした。
お店で食べるものよりも、ほっぺたが落ちるように美味しかったですもの…
それ以来、ミートソースが大好きになりお家で作って食べることに
はまっていた時期がありましたね。

でも大人になってから作ったことは一度もないですね。
今でもどのパスタの味付けよりも一番好きな味なのに…
大人になった今だからできるミートソース? 大人になったからイタリアン風に
ボロネーゼとでも言いましょうか…作ってみようと思います。笑


春野菜を使ったレシピ、その3


ここでの春野菜は新じゃがいもです。

じゃがいものグラタン(ドリアにもできるレシピも記載してます)



材料(2人分)


ヨーグルト         100cc
新じゃがいも        2個
オリーブオイル       大さじ1/2
牛乳            200cc
おろしにんにく       小さじ1/2
塩             少々
胡椒            少々



作り方

1ヨーグルトはザルに移してよく水を切ります。にんにくは器に香りづけでぬっておく。

2 新じゃがいもは2ミリくらいの厚さのいちょう切りにカットする。

3鍋にオリーブオイルを入れ熱くなったら新じゃがいもを入れてからめる。

4牛乳を入れてそのまま熱し、とろみがつくまで熱し続ける。塩、胡椒で味を整え火を止め,ヨーグルトを加えて早く混ぜる。

5 器に入れて、200度のオーブンで30分新じゃがいもが柔らかくなり、焼き色がつくまで焼いたら完成です。

ドリアにするためのアレンジ
5のところではじめに器にあったかいご飯を盛り付け4を入れ、
とろけるチーズをのせ200度のオーブンで20分焼き色がつくまで焼いたら完成です。
 
オーブンで焼くときのポイント。
新じゃがいもが4の工程のところで柔らかくなっていたら、オーブンで焼く時間はあまり気にせず、
表面に焼き色がついたらokです。


コストパフォーマンスがいい




日本の食べ物屋さんでイタリアンのお店って結構ありますよね。
以前に聞いた話ですが、経営する側からするとコストパフォーマンスが
いいんだそうです。パスタやピザなどの原材料は小麦。この小麦を使った料理は
お菓子やパンもそうですが、原材料のほとんどが小麦中心です。それ以外に一緒に
合わせる、肉や魚、野菜は小麦に比べたら使う量は少ないのです。
そうすると材料費が抑えられるんですね。だからお店を経営するのにも失敗が少ないんだとか…
今ではチェーン店なども増え格安でイタリアンを楽しめますよね。


お家で食べるにしても安くすみませんか?
パスタを茹でてナポリタンにしてもいいし、レトルトのソースをかけてもいいし、
ピザが食べたかったら食パンで代用できますし、今ならピザ用のパン生地が売ってますしね。
どちらにしてもコストパフォーマンスよくないですか?



まとめ





1 日本と同じような気候から生まれる料理は日本人の味覚に合う
2 ヘルシーな料理が日本食に似ていて日本人好み
3 お家でも簡単に楽しめる
4 お店で食べてもお家で食べてもコストパフォーマンスがいい


春野菜って緑の色のものが多くて個人的にとても好きです。
春って新しいことが始まる季節。春野菜を食べたら何となく頑張れそうですよね。
見た目もキレイになりパスタやピザなどとの相性がぴったりな食材ですね。


お花見はいつものおにぎりや、唐揚げ、お団子ではなく、
桜を見ながらおしゃれにイタリアンを楽しむっていうのもありかもしれませんね。