LINEで送る
[`yahoo` not found]



イタリアンと言うと、近所のピッツアリアで、パスタとピザ食べて満足している、超ウルトラ級の庶民です。
そう。パスタとピザしか思い浮かばない。
たぶん、ピッツアリアでも、デザート付きのコースを食べていれば、イタリアンなスイーツって、何?と聞かれたら、即オシャンティなスイーツの名前をかっこよく陳列できたかもしれないのに、残念な人です。(汗)
パソコンの前に鎮座して、ネット検索!かっこいい!!ネット検索。別名ネット徘徊とも言うね。徘徊はいやだなぁ~って….徘徊という言葉に非常に過敏に反応してしまうお年頃…寂しい笑

超お気軽イタリアンスイーツ



ヒットしたスイーツを見て、なんだ、食べたことあるじゃん。結構作ったよ。これ!!って、一時期かなり流行した「パンナコッタ」「ティラミス」がイタリアンなスイーツだったと初めて知る。そして、最近娘達がどっぷりはまっている「アフォガード」もそうだったと知る。「アフォガード」を何度も「アホガード」といい、娘達にひんしゅくを買う。(日本語カタカナ変換は難しい汗)

そういえば、「パンナコッタ」もかなり久しく「パンダコッタ」と勝手に日本語変換していたっけなぁ….頭も悪いが耳も悪い。最悪だW(自分で気が付いてひんしゅくこそ買わなかったけど….乱用していただけに、間違いを指摘しなかった周囲の優しさ?に自分がかなり恥ずかしくなった)
かなり、外国語の日本語カタカナ変換がいい加減な私。
そんな私だから、相変わらず、ちゃんと国籍のある、由緒?正しきスイーツさん達も、近所の駄菓子屋に並ぶ二束三文のお菓子と一緒にされて、どえらく迷惑な話ではあると思う。

介護食に最適イタリアンスイーツ?




パソコンの前で、「パンナコッタ」がイタリアンなんだぁ~~なんてやっていたら、介護施設に勤務している長男様が「このデザートは、施設でよく出るよ~!お年寄りにはオシャンティーだからすごく評判いいんだよ!!」って喰らい付いてきた。

「パンナコッタ」は、牛乳、生クリームに砂糖をいれ、ふやかしたゼラチンを混ぜて、沸騰しないように火にかけて、ゼラチンが溶けたら、型に流しいれて、荒熱をとって冷蔵庫に入れるだけ。後は、冷蔵庫が適当にいい仕事をしてくれる。という、超お手軽メニュー!

しかも、出来上がった「パンナコッタ」に生クリームとフルーツでトッピングすれば、とても簡単に出来上がったスイーツには見えないゴージャスぶり。うん!!お年寄りが喜ぶのがわかります。それに、生クリームに砂糖という、結構こちらハイカロリー。口どけよく、ハイカロリー。栄養面でもお年寄りには最適なスイーツと言えます。よく登場するわけですね。(でも、きっと、お年寄りは、白いプリン程度にしか思ってないよ!!うん。まさかのイタリアンだなんてね。笑)

ダイエットの敵!なんだけど~ぉ




♪痩せたぁ~~い!でも、食べた~~いイタリアンスイーツ♪

生クリームや、マスカルポーネなどのクリームチーズなどの乳製品にお砂糖を使をう事が多いイタリアンスイーツ。
ダイエットを気にする人には、最強の敵!(汗)でも、意外と簡単にできてしまうので、子供の手作りおやつにはとても重宝したことを思い出します。
あまり、ハイカロリーを気にしなくてもいい、育ち盛りや、高齢者には手軽にできるおやつですよね。
ティラミスだって、市販のビスケットをビニール袋に入れて麺棒で叩いて適当に粉砕して牛乳に浸したものにマスカルポーネかクリームチーズに砂糖を加えたクリームを交互に重ねて、上からココアをかけてはい!!一丁上がりです!!

見栄えもよく、ローコストな手作りおやつだったので、よく食べさせました。(これにラム酒なんて加えると、大人味になるんですよねぇ~!できる主婦を見せ付ける、1品持ち寄りの茶話会などにGOODなメニューです。)
子供の大好物でした。(さすがに大人味は与えてませんがぁ~~)

私自身がチーズそのものは好きなんですが、チーズ系スイーツがあまり好きではないので、いつの間にか作らなくなってしまいましたが….(好きだったら、きっと、子供達に疎まれながら、未だに作り続けていたかも。汗)
子供達は、チーズ系スイーツは未だに好きです。母と違って3人ともスレンダーなので、食べたい時に、ティラミスも買ってきてよく食べているようです。(体型を気にしなくていいなんて….うらやましい限りです)

餃子の皮でカンノーリ作ってみた




知人がイタリアのスイーツと言うと、カンノーリ好きだと聞いた。
なに?それ、???が飛びまくり。好奇心に火がついた。
お得意のネット徘徊で、餃子の皮で作れるレシピを発見した。餃子の皮と粉糖、ヨーグルとラムレーズンがあればできるらしい。家にあるものばかり。さっそく作ってみた。

餃子の皮にアルミホイルの芯を入れて油で揚げる。
一晩、水を切ったヨーグルトに粉糖とラム酒を投入!(ぶどうも少し入れちゃおう)
揚げて冷ました餃子の皮から、そっと、アルミの芯を抜く。
絞り袋にヨーグルトクリームを入れて揚げた餃子の皮に投入!(私はそんな洒落たものが無かったので、ビニール袋にクリームを入れて下の部分をはさみでチョン!これで充分)

できあがったカンノーリに粉糖を振り掛けます。(おお!見栄えはバッチリ!)
(余談だが、電磁調理器に油入り鍋をかけて目を離した隙に鍋から火が!!電磁調理器でも、油の加熱で火があがるなんて事るのか!あたふたする私を尻目に、長女様が、スマートに鍋に蓋をして事なきを得た。油断大敵です。娘よありがとう!!皆様も気をつけてくださいませ。笑い)

カンノーリ超簡単にできた!


餃子の皮とヨーグルトで作るカンノーリ。従来品よりかなりカロリー抑えてヘルシーです!!
すごく、簡単に出来るのですが、あえて注意したほうがいいところをあげるなら、餃子の皮でカンノーリの皮の部分を作る時は、皮をホイルで作った芯に巻いて、水をしっかりつけて糊付けしましょう。糊付けしないと、油で揚げている最中に皮がはがれて筒状になりません。
それと、あまり、細く巻いてしまうと、クリームが入れずらく、芯も抜きにくくなってしまいます。程々の太さで、芯にふんわり巻くって感じでしょうか。ヨーグルトもしっかり水切りして、ラム酒の入れすぎに注意してくださいね。せっかくクリーム状に水切りしたのにテロテロになってしまいます。(あと、粉糖の入れすぎにも…でも、この辺は各自にの好みでOKです!)

パイの皮を使えば、サクサクと柔らかいソフトな感じなのかもしれませんね。
餃子の皮ですからね、そこはサクサクというより、パリパリといった感じです。まずくはないですが、サクサク、カンノーリがお好みの人には、少し皮が固めのカンノーリと言った感じです。ラム酒が効いたヨーグルトクリームにチョッとアクセントに加えたラム漬けのぶどうの風味がお口に広がって、ついつい、いくつも食べてくなってしまう…(ヘルシーが売りじゃなかったのか…汗)
水切りヨーグルトの代わりに生クリームを使えば美味しでしょうね!(絶対カロリーオフどころじゃなくなりそうです。)水切りヨーグルトですので、酸味があります。酸味が嫌な人は、餃子の皮で少しカロリーダウンしているので、生クリームを使ってもいいかと思います。(私は….やめときます。美味しすぎてぶっ飛びそうなので。笑)
ヨーグルトがもともと嫌いじゃないないので、残った、水切りヨーグルトはラム酒が意外とマッチしてて美味しいと思ったので普通にそれだけでデザート風にいただきました。

今回は、家にあった餃子の皮やヨーグルトを代用しましたが、冷凍のパイ皮を使って、生クリームを遠慮なく使えば、簡単で本格的なカンノーリができると思います!!

間違いなく美味しいと思います!!
そしてカロリーも半端なく旨いと思います!!爆

カンノーリの画像を見る限りでは、たぶんこれに近いものをパン屋さんとかで買って食べているかもしれません。(知らずに…汗 次回は気に留めて購入するようにしよう。)

美味しいものはカロリーもおいしい。ってなんかのCMで見たような….
いづれにせよ、イタリアンのスイーツに限らず美味しいものを食べたら、適宜運動を!バランスが大事ですね。
耳が痛いイタリアンスイーツ小話でした!



追伸

カンノーリは通販でも手に入れることができるみたいです。