LINEで送る
[`yahoo` not found]



我が家では、私以外はみんなが嫌いで、食卓に上げたものなら、いっせいにブーイングが飛び、挙句の果て、私の特別メニューになってしまう料理がいくつかあります。

不名誉なブーイングメニュー達

豆ごはん、パクチー料理、香辛料を効かせた料理(これは、私の味覚が辛さに異常に強いという理由で、カレーは、メーカー指定。それ以外は辛味スパイス投入禁止令が発令されています。泣き)

スイーツ部門ワースト1! 甘酒

私以外は、誰一人として口にしない。
仕方なく、独りで飲んでいると、「なんか、蛆虫ドリンク飲んでるみたいジャン」とは娘の弁。(いや~うまいこと言うけど、よりによって例えが蛆虫ってないわぁ…..)
しかしながら最近、健康食材の1つとして、にわかに脚光を浴びてきたので、我が家の食の専門家としては、俄然!闘志に火がついた。
「よっしゃ~塩麹や甘酒をなんとしても、家族の口にいれよう」と。

『文句は言わせない!!』と鼻息荒くチャレンジをしました。

秘法その1 みりんの代用品


家族の大好物の「肉じゃが」。これを「甘酒入り肉じゃが」に。
最初は何も考えず、どぼどぼ。丸ごと甘酒投入(素材はまるごと使うにかぎるわぁ~)
ところが、麹の雄姿?をみた娘から「蛆酒投入したでしょ!」とめざといクレームが…
(いや、だから、蛆酒はないでしょ。確かに料理見栄えは大事だけど。) 
「まっ、見た目悪いけど、味はまぁまぁだから、良しとしよう!」(って、まぁ、なんて偉そうに。だったら、お前たまには代われよ。食事係さ…)なんてしゃくにさわりながらも、かなり悔しかったので、麹がはいらないように上澄みのみを使って、再度挑戦。
見た目も、ノーマルな「甘酒入り肉じゃが」の完成



子憎たらしい講釈娘も黙って完食。(思わず心でガッツポーズ)程よく甘みがつき、味に深みも出て、家族に大好評でした。

日本人は「肉じゃが」好き民族~肉じゃがと甘酒のコラボ!これ、いけます。

本物のみりんはお高いからと、煮物や照り焼きにみりん風、と、「風」が付いているみりんもどきを買って使ってる方には特にお勧めです。甘い味付けが好きで、白砂糖を沢山使う方にも。(麹の雄姿が気になる方は、濾して使うといいですよ。)
白砂糖の健康被害も問題になってますからね。
麹の自然な甘みは体には白砂糖より優しいです。(あつ…体には優しい甘みですが、糖分の取り過ぎには気をつけましょう。)
そして、今や「蛆酒」なんて失礼な代名詞を使っていた娘も毎日、よろこんで「甘酒」を飲んでいます。その秘法とは….

秘法その2 スムージー




2年程前から、健康のためにバナナとプロテインをメインにしたスムージーを娘と毎朝ごはん代わりに飲んでいます。バナナやアボガドとか….いろいろその時の旬の野菜など取り入れて、バナナ&プロティンとコラボして。
蜂蜜を少し入れると、甘くて口当たりがよく飲みやすいスムージーができるのですが、ある時、蜂蜜をきらしてしまい、手元にあった甘酒を丸ごと投入。(丸ごとです!)
スムージーはフードプロセッサーで作っていたので、麹は見事に粉砕されて、甘酒がナイスな甘味料になりました。
娘にしばらくは甘酒を入れていることを内緒に飲ませていました。
さすがに、何日か飲んでいるうちに蜂蜜とは違う微妙な甘さの違いに気が付いた様子。
「ついに来たか!きてしまったかぁ~!」と甘酒だと\露。
「蜂蜜より美味しい。」と意外な反応。
今では、甘酒を切らした時のみ蜂蜜を使っています。甘酒には美肌効果もあるそうですよ!(悲しいかな….ダイエット効果は期待できませんが。)

最後に一言


えっ…..秘法っていうから、どんだけぇ~って期待して読んできたのに。と、そこでつぶいているあなた。甘酒はみりんの代用になることもスムージーにすると飲みやすいこともご存知でしたか!すごいじゃないですか!!
でも、私がこの2点の方法を「秘法じゃん」と思ったのは、こむずかしい事じゃなく、誰でも簡単にどの家庭でもできるって事なんですね。
そして、ここでは、みんな大好き「肉じゃが」にしたのですが、和の料理の材料のコラ{食材としては甘酒、{当にNO1です。巷では、甘酒は●●に効果あり。っていろいろききますが、実際は、漢方薬みたいに、効果は人それぞれだと思います。今、世界各国で和食がブームとなり、健康的な生活は食生活の見直しが重要視されています。古来より伝わる「甘酒」嫌いだからという理由で取り入れないのは{当にもったいないことです。
せっかく脚光をあびた「甘酒」なんです。一過性のブームで終わらせないよう、生活に是非是非、取り入れていただきたいものです。