LINEで送る
[`yahoo` not found]

暑くなってくるとぉ~甘党でなくても、食べたくなりますよね!!
「アイスクリーム」

私は、個人的には辛党です!!甘い物はあまり好きじゃないんですけど…
子供達や孫は大好きです。

孫は、サーティワンのアイスクリームが大好き。
ショップの前を通ったものなら、速攻、おねだり攻撃が始まります。
甘いですよねぇ~サーティワン。おばあちゃんも、孫に甘いですよねぇ~。
甘さ加減じゃ負けていません。買い与えては、彼女が1人で食べきれることはなく
いつも、道連れになり、涙目…『あーちゃん、一緒に食べよ~』ってお口に運んでくる。
孫かわいさのあまり、拒めない。(食後の胃もたれ半端ねぇ~ここのアイス胃もたれするから、特に苦手なんですけどぉ~泣)
孫と出かけるときは、極力サーティワンコースは避けるようにしております。

ちなみにアイスクリームとソフトクリームの大きな違いって、『固さ』らしいので、
ここでは、ソフトクリームもアイスクリーム、ジェラートもアイスクリームで括っているので、ご承知を!!

ついにやっちまったか!信州ご当地アイス


長野県の諏訪、ご存知かなぁ??夏の湖畔花火は全国的に有名ですよね。
そこで、ついにやっちまったなぁ!!というアイスクリームを発見。

信州は、山でしょ?たんぱく質の手っ取り早い摂取方法の1つとして、結構『虫』を食べるん!!『イナゴ』『蜂の子』『ザザ虫』『カイコのさなぎ』
(いやぁ~画像は心臓の弱い人もいるので、あえて出さないので、上記用語で検索してみてね。)



これ、どう見てもゲテモノアイスクリームでしょ??ゲテモノソフト!



いや、決して、バッタの大群に持っていたソフトごと襲われたわけじゃないから。
バッタが、ソフトを食いたくて、たかっているわけじゃないから。
ソフトからセクシーに足だけ出してる奴もいるって…(汗)

何を隠そう、生粋の信州人の1人としては、ソフトクリームにバッタのトッピングはないだろうと…しかも、佃煮ですよ!!ソフトクリームにバッタの佃煮。

確かに信州人『虫喰い』です!!ですがぁ~ここまでやるかぁ~って個人的にはかなり引いているわけで…汗

『イナゴ』も『蜂の子』も『カイコのさなぎ』も確かに佃煮は食べますよ!!
ある意味、今の時代、高級珍味といわれております!!
でもね、お茶のお供でいいじゃん!!お酒のおつまみでいいじゃんって思うわけですよ。
(佃煮だけど、あまりご飯のお供にはむいてないような気も…)

(ザザ虫だけは、生きている現物を川の石ころをひっくり返して出てきたのを見て、信州人だが、喰えん!!と絶叫したけどね。)→今だに食えず。

まっ!!怖い物みたさ、未知なる食への果敢なる挑戦者は、今年の夏は、諏訪湖畔で
『虫アイス』『バッタソフト』にトライしてみるのもいいかもです。

大丈夫。虫は間違いなく『食用』です。地元民が愛して?やまない風土食。高級珍味です。腹も虫で下すことはまず無いと思われます。(虫を食らったショック反応は恐らく個人差があると思われます。その当たりは、自己責任でお願いします。苦)

教えたくない絶品ソフトがあるんです!


信州のご当地アイスは、『虫入り』なんて紹介してしまいましたが、実は、アイスクリーム嫌い(苦手)な私が、思わず、うなってしまった、絶品限定アイスクリームがあります。

今のところ、大量生産していません。

これこそ、まさしくはるばる足を運んでください。ここでしか食べられません!!という『幻の絶品ソフトクリーム』です。

も~、支店を出すとか、お店増やすとかマジ考えないで、食べたい人がお金かけてお店にきてください!!位の勢いでやってほしい、本当は教えたくないっ絶品ソフト!!





これが、アイスクリーム嫌いな私をうならせてくれたソフトクリームです!!
娘のフェイスブックの画像から拝借(本人の許可とってま~す)

いろいろ、ソフトクリーム以外の紹介も出てますが、
http://www.nagaifarm.co.jp/harvest.php

信州は東御市にある『永井農場』のHARVEST NAGAI FARM
ここで販売しています。

ソフトクリームは、後味が嫌だ!とあまり食べなかった私の常識を見事に根底から覆してくれました。

甘さ超控えめ、後味さっぱりで、口に変に風味が残らない。従来のソフトクリームとは全く異なる舌触り(なめた時の感触が、何ともいえない)

とにかく、こんなソフトクリーム食べた事無かったぁ!!という衝撃的なソフトクリームでした。(先日も、食べに行ったら、男性二人組みが…1人がかなり講釈を並べてたべておりました。笑)

昨年オープンしたんですが、いかせん駐車場が狭い。夏のお盆の帰省ラッシュ時は、
ソフトの評判を聞きつけた県外客が、わざわざ、湯の丸インターで降りて、立ち寄って、どえらい混み具合でした。

原料切れで、食べられない人もいたとかいないとか…

ソフトクリームが出来るまでの、工程にやはり時間がかかるんだよね。
余計な添加物加えないで、本当に真面目に作っているソフトクリームだから、それが、明らか味の違い!食感の違いに出ているわけで…

この味を守り続けてほしいんだなぁ~。

人気が出ると、どうしても、儲けに走り気味になるでしょ?
気持ちはすごく分かるんだけどね。

その結果、ざんね~ん!!となってしまうところ多いから。

永井さんには『虫』で勝負しない、『味』勝負のソフトクリームを是非続けて欲しいと願いつつ(笑い)

あまり、教えたくない絶品ソフトだけど、でも、おいしいからね。ソフト好きな人にも私のようにそうでない人にも味わってほしいからね。こっそり教えちゃいました。

こんなアイス知ってる?




最近、全国のコンビなどでみかけるようになった『つぶつぶアイス』

窒素で作る奴だね。
窒素が手に入れば、家庭でも、ジュースとか使ってできるんだそうですよ。

娘に窒素で作った珍しいアイス!と紹介され、実際、食べてみた物の…

『味を楽しむ物ではなさそう。』

カラフルなんだけど、味は、一緒。物珍しさで楽しむ!アイスとしてお勧め(笑)

爆発注意!でも、つい懐かしさで…


こちら、『シャトレーゼ』でも、おなじみのボンボン系アイス『たまごアイス』



ちょっと、画像が小さくて残念なんですがぁ~

夏祭りのお祭りとかでも、売っていますよね。『ボンボン』あれも、カラフルなんですが、味は一緒(爆)(つぶつぶアイスと同類?)
でも、つい買ってしゃぶりながらブラブラしたくなりません?
お祭りの『ボンボン』は氷なんで、爆発しないんですけど…(というか、たいがい、食べ飽きて最後までいかず、ゴミ箱へいっちゃうので…不発?)

こちらの、『たまごアイス』はそうはいかない。
最後の方になると、一気に中身がお口に飛び込んでくる!!
(この、スリル感がたまらないのですが…)

孫と一緒に食べて大失敗しました!

自分が夢中になってて、完璧孫の最後の一気を忘れてました。(苦笑)

いかせん4歳児。あっ!!と思ったときには、手遅れ…

口周り中心に顔面たまごアイスがパック状態!
ついでに洋服もどろどろ…お手々べとべと…髪からアイスのしずくが…

孫は、何がおきたのかわからず、凝固状態。
(彼女が固まってすっかりアイス~みたいな)爆


爆発後、アイスになってしまった孫の処理は大変ですが…(我が家は、出先で爆発させて爆笑の後、家族総出で後処理大変でした。汗)

以後、我が家では『たまごアイス』はお家で食べてます。

孫の一気に気をつけて…ますが、
その後も、ママが一緒に食べててやらかしたようです。

孫には爆発注意の『危険な?たまごアイス』ですが…
それでも、見かけると、つい懐かしさで手が出てしまいます。